Skip to main content

Posts

Showing posts from April, 2010

繭香と蘭香の英語リーディング講座その14:土星の月に生命はいるか?

みなさん、こんにちは。当ブログへお越し
いただき、ありがとうございます。
今日も「繭香と蘭香の英語リーディング講座」
です。
今朝見つけた科学ものを取り上げますが、昨
日のよりは易しいと思います。
では、お二人、よろしくお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~
「みなさん、こんにちは。GaMaC English school,
世界永世師範の萌木繭香です。」
「みなさん、こんにちは。師範代の蘭香です。」
「それでは、今日も英語リーディング力アップの
ために頑張りましょう。」

「さて、今日の英文のタイトルはこれです。」

Will Saturn's Moon Enceladus Prove a 
"Second Genesis" -Confirming Life as 
a Feature of the Universe?
土星の月のエンケラドスは「第二創世記」を
証明するだろうか?―生命を宇宙の特徴の
ひとつと確証できるだろうか?

これを見て、蘭香が言った。
Genesisは聖書の一番初めの部分よね。
つまり世界とか人類の創造だから、土星の
月に生命がいるって話?早く読んでみたい。」
「そうね。土星の月に生命がいるか、生命が
宇宙の特徴の一つと言えるかどうか、その
辺に的をしぼって読みましょう。」と繭香が言
うと、蘭香が割って入った。

「でも、その前にするといいことがあります。この
英文全体でどのくらいの分量かを見ておく
とです。英文の長さによって、気合や集中力の
ペース配分を変えるからです。」
「さすが、師範代ね。この英文は長くないから、
やや気楽にいけそうね。それでは、始めましょう。」
***
April 08, 2010
Will Saturn's Moon Enceladus Prove a "Second
Genesis" -Confirming Life as a Feature of the
Universe?

On the small, icy moon Enceladus, “the
mother lode of all discoveries was discovered
at the South Pole,” said Carolyn Porco in
a talk at Harvard Univer…

繭香と蘭香の英語リーディング講座特別編:科学雑誌記事を読む

みなさん、こんばんは。当ブログへお越しいただき、
ありがとうございます。
今日2回目の「繭香と蘭香の英語リーディング講座」です。
私のtwitterのフォロワーの方々は、サイエンスに興味が
ある方がいらっしゃるので、そういう記事を取り上げてみ
ました。
今朝配信されたものですから、最新情報です。
出典はこちらです:http://su.pr/1j24sH

繭香ちゃんも蘭香ちゃんも相当苦労したみたいです。
それでは、お二人さん、お願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「みなさん、こんばんは。GaMaC English school 世界永世師範の
萌木繭香です。」
「同じく師範代の萌木蘭香です。」

「さて、今回は最新宇宙論の英文を取り上げます。いつものように
語彙や設問はありません。」
と黒いゴスロリ服を着た姉の繭香が言うと、
「本当の英文を読んでいくときは、事前情報はどこから取ればいいの?」
と心配そうな声で白ゴスの蘭香が尋ねた。すると、

「事前情報を取るには、ここよ。」と繭香が言った。

タイトル:Is Our Observable Universe Part of a Larger Universe?
New TheorySuggests “Yes”
/観測できる宇宙はもっと大きな宇宙の一部だろうか?新理論に
よるとそうらしい

「みなさん、英文を読むときはタイトルを必ず読んでください
タイトルは英文内容がもっとも凝縮されているからです。」
つづいて繭香が言う。
「『ねぇ、この英文記事って何について書いてあるか、手短に
教えて。』って聞かれたら、『私たちの宇宙はもっと大きな宇宙の
一部だって主張している理論の記事よ』って答えればいいのです。」
「それくらいタイトルは大事な部分なので、必ず読んでください。」

「あと、写真があればそれも見てくださいね。百聞は一見に如かず、
ですよ。」

「とにかく、事前情報をどれだけ集められるかが鍵と思ってください。
では、本文を読んでいきましょう。」
***
Is Our Observable Universe Part of a Larger Universe? New 
Theory Suggests “Yes”

       The Noble-prize winning physicist Enri…

繭香と蘭香の英語リーディング講座その13

みなさん、こんにちは。今日もお越しいただき、
ありがとうございます。
「繭香と蘭香の英語リーディング講座その13」です。

私が3月に当ブログで連載した「英語速読ウォーズ」
という小説の登場人物の二人がナビゲーターをします。

高校1年生ながら英語速読の達人で、姉の繭香(まゆか)
が黒の、妹の蘭香(らんか)が白のゴスロリ服を着ている
という設定です。

ちなみに、この二人は「英語速読ウォーズ」では敵役でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「みなさん、こんにちは。GaMaC English school, 世界永世師範の
萌木繭香です。」
「みなさーん、元気ですかぁ?GaMaC 師範代の萌木蘭香です。」
「ではさっそく始めましょう。」
***
「まず、英文を上手に読むコツの確認です。
1.事前情報を仕入れる:語彙や設問、タイトルから事前に本文の
情報を入手
2.読む目的を明確にする:設問の答えを見つけることに集中
3.英語のままイメージする:日本語に頼らず、英語から想像を
ふくらませる
以上を心がけましょう。」
と姉の黒ゴス衣装の繭香が話した。
◆語彙
retired:退職した
You know what?:ねぇ(よびかけの決まり文句)
feel like:~ほしい
sundae:サンデー(シロップ・果物・ナッツなどを
上にのせたアイスクリーム)
scoop:(アイスクリームサーバーでかき取った)
ひとすくいのアイスクリーム
chopped nuts:砕いたナッツ
greasy:油でベトベトの

◆タイトル:Shall I write this down for you?/紙に
書きましょうか?
◆設問:おばあさんはおじいさんに対して、なぜ
最後のセリフを言ったと思われるか?
ここで繭香が言った。
「これらの手がかりから、どんな話になると思いま
すか?」
「そうねぇ、おじいさんとおばあさんがサンデーを
こぼして、ベトベトになる話かしら?」と蘭香が答える。
「みなさんはどんな話になると思いますか?それでは、
設問の答えを探すつもりで、メリハリをつけて読んで
みましょう。」
「太字部分は意味を取ることに集中、それ以外は補足
だと思って気楽に読んでみてください。」
***
Shall I write this down for you?

An old, …

繭香と蘭香の英語リーディング講座その12

みなさん、こんにちは。今日もお越しいただいて、ありがとうございます。
「繭香と蘭香の英語リーディング講座その12」です。

私が3月に当ブログで連載した「英語速読ウォーズ」という小説の登場人物の
二人がナビゲーターをします。
高校1年生ながら英語速読の達人で、姉の繭香(まゆか)が黒の、妹の蘭香
(らんか)が白のゴスロリ服を着ているという設定です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「みなさん、こんにちは。GaMaC English school, 世界永世師範の萌木繭香です。」
「みなさーん、元気ですかぁ?GaMaC 師範代の萌木蘭香です。」
「ではさっそく始めましょう。」
       ***
「まず、英文を上手に読むコツの確認です。
1.事前情報を仕入れる:語彙や設問、タイトルから事前に内容の情報を入手
2.読む目的を明確にする:設問の答えを見つけることに集中
3.英語のままイメージする:日本語に頼らず、英語から想像をふくらませて
以上を心がけましょう。」
と姉の黒ゴス衣装の繭香が話した。
       ***
◆語彙
caddy:(ゴルフの)キャディ
hire:雇う
knowledgeable:物知りの、よく知っている
fairway:フェアウェイ(*ゴルフコース上のボールを打ちやすい地帯)
five iron:五番アイアン(*ゴルフクラブの種類)
lines up her shot:(これから打つ)ボールの前に立って(構えて)
smack:パシッと打つ、強打する
veer way off:弾道が曲がる、それる
bury:埋葬する
funeral:お葬式
freak accident:異常な出来事
used to:以前はよく~したものだった
as luck would have it:運良く
You bastard!:このろくでなし!
green:グリーン(*ホールがある地帯)

ここで蘭香が言った。
「この単語から、今日はゴルフの話のようね。でもお葬式とかあるから、
ちょっと物騒な話かもしれない。」

◆タイトル:I did as you told me to, but.../あなたの言うとおりにしたのに・・・。

◆設問:
1.キャディの言うとおりにしたら、何が起ったか?
2.その一年後に主人公の女…

繭香と蘭香の英語リーディング講座その11

みなさん、こんにちは。今日もお越しいただいて、ありがとうございます。
「繭香と蘭香の英語リーディング講座その11」です。

私が3月に当ブログで連載した「英語速読ウォーズ」という小説の登場人物の
二人がナビゲーターをします。
高校1年生ながら英語速読の達人で、姉の繭香(まゆか)が黒の、妹の蘭香
(らんか)が白のゴスロリ服を着ているという設定です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「みなさん、こんにちは。GaMaC English school, 世界永世師範の萌木繭香です。」
「みなさーん、元気ですかぁ?GaMaC 師範代の萌木蘭香です。」
「ではさっそく始めましょう。」
       ***
「まず、英文を上手に読むコツの確認です。
1.事前情報を仕入れる:語彙や設問、タイトルから事前に内容の情報を入手
2.読む目的を明確にする:設問の答えを見つけることに集中
3.英語のままイメージする:日本語に頼らず、英語から想像をふくらませて
以上を心がけましょう。」
と姉の黒ゴス衣装の繭香が話した。
       ***
◆語彙
feed salesman:飼料のセールスマン
keep pace with~:~にペースを合わせる
shoot into distance:~遠くへ勢いよく飛び立つ
pull into the farmyard:農場の庭に進入する
drumstick:鶏や七面鳥のすねの部分
breed:繁殖させる

◆設問:今日は、タイトルが設問になっているので、
その答えを探すつもりで読みましょう。

タイトル:How does the chicken taste?/その鶏はどんな味がするのか?

ここで繭香が説明を始めた。
「今日は、英文に区切れを入れる代わりに、大意をつかむのに
役立つ語句を太字にしてあります。太字部分は意味を取ることを意識して、
残りの部分は少し力を抜く感じで読んでみましょう。」
今度は蘭香が言った。
「すべての語句を均一に意識するのではなく、メリハリをつけて読む
練習です。」
       ***
How does the chicken taste?/その鶏はどんな味がするのか?

A feed salesman is on his way to a firm.
As he’s…

繭香と蘭香の英語リーディング講座その10

みなさん、こんにちは。今日もお越しいただいて、ありがとうございます。
「繭香と蘭香の英語リーディング講座」です。

ちなみに、この二人は英語速読ウォーズという、私が3月にここで連載した
小説の登場人物です。
高校1年生ながら英語速読の達人で、姉の繭香(まゆか)が黒の、妹の蘭香
(らんか)が白のゴスロリ服を着ているという設定です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「みなさん、こんにちは。GaMaC English school、世界永世師範の萌木繭香です。」
「みなさーん、元気ですかぁ?GaMaC、師範代の萌木蘭香です。」
「ではさっそく始めましょう。」
       ***
「まず、英文を上手に読むコツの確認です。
1.事前情報を仕入れる:語彙や設問、タイトルから事前に内容の情報を入手
2.読む目的を明確にする:設問の答えを見つけることに集中
3.英語のままイメージする:日本語に頼らず、英語から想像をふくらませて
以上を心がけましょう。」
と姉の黒ゴス衣装の繭香が話した。

◆語彙◆
announce:告げる
immediately:すぐに
although~:~だけれども
indeed:実際に、本当に
given the fact that~:~という事実を考えると、
Jewish:ユダヤ人
Business is business:商売は商売、商売に情けや寛容は禁物

◆設問◆
バーニー君は本心では、一番偉大な人は誰だと思っているか?

タイトル: Who is the greatest man?/もっとも偉大な人は誰か?

ここで蘭香が割り込んだ。
「今日は語彙が少ないから、事前情報も少ないのね。」
「その代わり、今日は予備知識が必要になります。今日のジョークは
人種ネタになります。そこで、二つ知っておくべき知識があります。」
と繭香が説明すると、今度は蘭香が続けた。
「一つ目は、ジョークに登場するユダヤ人はしばしば商売が上手な
人たちとして描かれます。
二つ目は、ユダヤ人はユダヤ教徒であって、キリスト教ではありません。」
「この二つの予備知識が内容理解を助けてくれると思います。それでは、
設問の答えを探すつもりで、読んでみてください。」
       ***
タイトル: Who is the great…

繭香と蘭香の英語リーディング講座(番外編):NY TIMESの記事を読む

みなさん、こんにちは。いつもありがとうございます。

おとといからtwitterを始めて、海外の科学系の
国際研究機関や新聞社をフォローし始めたところ、
最新情報がどんどん届き、すごく面白い!
同時に大量の情報を処理するので、英語の速読の
必要性を痛感しています!

ということで、今日は、今朝の面白かったNY TIMESの
記事の冒頭の3パラグラフを読むことにしましょう。

なお今日は繭香と蘭香は春休みということでお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日は設問はないですが、語彙、タイトルから事前情報を
仕入れてから読み始めてください。

タイトル&第一パラグラフ
◆語彙
Federal Judge:連邦地裁判事
N.S.A. wiretapping program:
米国家安全保障局の盗聴プログラム
illegal:法律に反する
rule:裁定する、裁判で決定する
warantless:令状なしの、無許可の
surveillance:監視、見張り
keep shrouded one of ~:
~の一つを覆い隠したままにしておく
※keep one of~shrouded が倒置されている
disputed:論争になっている、問題の

◆タイトル
March 31, 2010
Federal Judge Finds N.S.A. Wiretapping Program Illegal
By CHARLIE SAVAGE and JAMES RISEN

2010年3月31日
連邦地裁判事はNSAの盗聴プログラムを違法とした
(チャーリー・サベージ、ジェイムズ・ライズン記)

☆では、本文を読んでみましょう
※太字部分は内容理解を助ける重要情報部分

WASHINGTON —
A federal judge (on Wednesday) ruled that
the National Security Agency’s
warrantless surveillance program
was illegal,
rejecting the Obama administration’s effort
to keep shrouded (in secrecy)
one (of the most disputed counterterrorism po…