Sunday, November 7, 2010

一日1.5時間の音読なんて、少なすぎる

今日は久しぶりに、30分連続音読を3セット、合計1.5時間、
英語をしゃべった。

と、いい気になっていたが、甘かった!

いい気になって、行きつけの店に飲みに行った。

すると、隣のテーブルに日本人女性とアジア人男性のカップルがいた。
そして、男性が聞き役、女性がいろいろと一方的に、一時間くらい英語
でしゃべり続けていた。

もし一日デートしていたら、彼女は8~10時間は英語をしゃべってい
ただろう。

ここがポイントだ。

まず第一に、私の音読1.5時間なんて、彼女に比べれば6分の1に
過ぎない。そんな程度でペラペラになるワケが無い!

第二に、日本人は英語を6年間勉強するのにしゃべれない、という
インチキ説を信じるのはもうやめよう。

6年間、毎日8時間、英語をしゃべった人はどれくらいいるのだろう?
もしそれでも英語がしゃべれないなら、日本人は英語ができないと認定
してよい。

だが、6年間毎日8時間英語をしゃべった人はそんなにいない。
だから、わけのわからない英語コンプレックスはキレイさっぱり忘れる
べきだ!