Skip to main content

Posts

Showing posts from June, 2011

テレビゲームが憲法修正第1条によって、守られた!

みなさん、こんにちは。

今日は、テレビゲームが、憲法修正第1条によって守られた、という記事です。

カリフォルニア州では、法律で暴力的なゲームを未成年者に販売することを禁じようとしていました。

しかし、最高裁の判決は、テレビゲームも憲法修正第1条によって守られるべき対象と判断を下したのです。

その、First Amendment、憲法修正第1条とは、言論や集会、請願、宗教、出版などの自由が、連邦議会によって制限されることを禁止する1791年に批准された法律です。

つまり、言論の自由を守る偉大なる法律です。

なぜ、カリフォルニア州法がしりぞけられたかというと、暴力の定義が曖昧ということが大きかったようです。

殺したり、手足を切り刻んだり(dismember, maim)が暴力的ならば、グリム童話やバックスバニーなどの漫画も規制の対象になるし、暴力的な言葉遣いというなら、ラップミュージックも規制の対象になる、などの議論が交わされたようです。

インターネットは規制の時代に入りつつあります。

日本は、言わぬが花、泣き寝入り、出る杭は打たれる、的な発想があります。

でも、言論の自由を守ることは、なによりも大切と思います。


[VOON] 1st amendment protects video games

U.S. Supreme Court: 1st Amendment Protects Videogames

Court decides on California law in Brown v. Entertainment Merchants Association

The U.S. Supreme Court ruled on Monday that videogames qualify for First Amendment protection in the case over a California law which would have banned the sale of violent videogames to minors. On a 7-2 vote, the court upheld the rejection of the law by earlier, lower court rulings in Brown v. Entertainment Me…

NYの結婚法は、同性離婚の道も開く

みなさん、こんにちは。

今日は、こんな記事を見つけました。

ニューヨークで同性同士の結婚が認められたらしいのですが、それによって、同性離婚への扉を開かれる、という記事です。

ははぁ、なるほどねぇ。結婚があれば、離婚もあるわけか。

ちなみに、今日の録音は、ノリが悪く、リズムも☓で、かなり下手です。


[VOON] NY marriage bill paves way for same-sex divorce

New York marriage bill paves way for same-sex divorce

As New York's same-sex couples head to the altar to celebrate their newly won right to marry, they can take comfort in the fact that, if it doesn't work out, their right to get divorced in the state just got a lot easier as well.

State senators on Friday voted 33-29 to approve marriage equality legislation. New York will become the sixth and most populous U.S. state to allow gay marriage.

"One of the so-called benefits to marriage is actually divorce," said Ruthann Robson, professor of law at the City University of New York. "If same-sex marriage is recognized, same-sex divorce would be recognized too."

出典:http://www.cnbc.com/id/43532844
そうそう、昨日は、6月初の休みだったので、あの花の聖地巡礼で、秩父に行ってきました。

ブルーレイも大人気で、やっぱり、社会現象化するので…

かんなぎ再開

みなさん、こんばんは。

今日は、ブーンの調子が悪く、午前中何度も何度も録音したけれど再生出来ませんでした。

さっき、帰ってきてからも、うまく出来ませんでした。

しかし、再ブートしてみたら、録音できるようになりました。

そして録音したのですが、つっかえているし、発音もおかしいところが随所にありました。

録り直しを何度もしましたが、結局すらすら読めたのは一度もなく、仕方なくこれをアップします。

かんなぎが7月27日に再開するというニュースです。

昨日は、あの花の最終回に感動し、アニメのニュースを探したら、かんなぎ再開が載っていました。


[VOON] Kannagi to resume in July

Kannagi Manga to Return on July 27 in Japan

Manga creator Eri Takenashi confirmed in a Friday blog entry that she will resume her Kannagi series in the September issue of Ichijinsha's Monthly Comic Rex magazine on July 27. A commercial ran during a rerun of the Kannagi television anime at midnight to also announce the manga's return. Not only will the September issue of Comic Rex feature the manga with a color opening page, but Takenashi will also illustrate the cover.

Takenashi added that the manga will return for three consecutive chapters at first. After that, the schedule will be irregular depending on her health; she will aim to create a new chapter every two months or every …

アメリカ人の昨年の平均労働時間が発表された

みなさん、こんにちは。

今日はアメリカ人の労働時間の調査結果の記事です。

15歳以上の13200人を対象にした、労働統計局の調査によると、週末の余暇の時間が少し減ったこと、女性の平均的な労働時間が男性に近づいてきたこと、などがわかったそうです。

音読はしてませんが、女性が7時間26分、男性が8時間9分で、女性は増え、男性は減ったそうです。

その他、いくつかのデータが出ていますので、興味のある方は、本文の方も参照してください。



[VOON] Americans doing more work on weekends

Americans doing more work on weekends

Americans are using the weekends to get more done at home and on the job.

What's more, Americans have cut back a little on time they previously spent relaxing and watching TV, according to the 2010 American Time Use Survey, released Wednesday by the Bureau of Labor Statistics.

They also spent more weekend time doing household activities such as cooking and cleaning, as well as socializing. The survey is drawn from interviews with 13,200 people over the age of 15.

The survey shows that work-life changes since 2009 affected women more than men. Women worked more hours overall than they did two years ago, especially on weekends

※The survey is drawn from interviews~のところで、from the interviewと読み間…

衝動買いを抑えるコツ

みなさん、こんにちは。

今日は、衝動買いを抑えるコツの紹介の文章です。

私も毎晩、仕事帰りにダイエーに寄って、必要以上の飲みもの、食材を買ってしまいます。

特に、半額で売っている賞味期限間近の惣菜パン。

定価が高いものでもせいぜい160円くらいだから、半額だと80円!

安いものは50円!

明日の朝食用に、なんて思って、3つも4つも買ってしまいます。


さて、録音では、導入部分しか読んでいません。

具体的な対策は、出典記事をご参照ください。

■語彙
immune to advertising and marketing:広告やマーケティングに反応を示さない(免疫がある)
People don't just buy a product based on the item itself, but also on secondary factors,
:not just A, but also B (Aばかりでなく、Bも)
人々は、品目そのものだけでなく、二次的な要素にも基づいて製品を買うものだ。:これは、その前の(the notion of) sensation transferenceをわかりやすく言い換えたもの。


[VOON] tips on controlling your implus buys

Tips on Controlling Your Impulse Buys

A lot of people believe they’re immune to advertising and marketing. A lot of people are wrong.

Marketers have poured billions of dollars into finding ways to influence how we shop and spend. While we’re not completely powerless to fight these messages, it's certainly not a level playing field.

Marketer Louis Cheskin, for instance, popularized the notion of sensation transference: People don…

宿題反対!

みなさん、こんにちは。

今日のニュースはアメリカの教育事情です。
ニュージャージー州のある町では、この夏に教育委員会が、学校の宿題を制限する案を提出するそうです。

内容は各学年×10分で、2年生なら20分なのだそうです。

おまけに、週末や休暇には、宿題禁止ということです。

このニュース、面白いです。

アメリカはディベートの国だなぁ、と思ってしまいます。

つまり、泣き寝入りする代わりに、自己主張をするのが当然、という社会なんだなぁと改めて思いまいました。

日本なら、学校や塾が宿題を出すのは当然で、それに対して、公然と議論を挑み、減らすよう要求を突きつける人は殆どいません。

いたとしても、白い目で見られたり、賛同者も、「陰ながら応援します」とかいって、自分は関係ありません、みたいな態度をとるでしょう。

しかし、アメリカでは、「宿題が学力向上に役立つ証拠はない。子どもの健康や家族の時間に悪影響を及ぼす」なんて、立派に主張するんですね。

実際には、アメリカでも「陰ながら応援します、自分は関係ありません」的な人が大半かもしれません。

でも、自己主張をするっていうのは、いいなぁ、と思いました。

■語彙
kept bursting into tears:わんわん泣き続けた
that put us both over the edge.:そのせいで、私たち二人は気が狂いそうよ
I got to the point that this is enough.:もういい加減にしてって感じだわ。
downtime:休憩、余暇


[VOON] homework revolt

New Recruit in Homework Revolt: The Principal

After Donna Cushlanis’s son, who was in second grade, kept bursting into tears midway through his math problems, which one night took over an hour, she told him not to do all of his homework.

“How many times do you have to add seven plus two?” Ms. Cushlanis, 46, said.…

中国とカザフスタン、協力関係強化

みなさん、こんにちは。

今日は、中国とカザフスタンが結びつきを深めたというニュースです。

カザフスタンは、中央アジアの大国で、中国は、世界のいろいろな国々との協力関係を深めており、政治・経済の影響力をグローバルに推し進めていることがわかります。

最近は、中国のニュースをよく読みます。

欧米、日本では紹介されないニュースが多いので、面白いです。


[VOON] China Kazakhstan closer ties

China, Kazakhstan agree on closer ties

China and its biggest Central Asian neighbor strengthened their political and economic relationship on Monday by boosting cooperation across a wide range of key sectors.

A joint declaration, issued by visiting President Hu Jintao and his Kazakh counterpart Nursultan Nazarbayev, addresses issues in the political, economic, energy and transportation sectors, which Nazarbayev said "covers all key aspects in bilateral ties, and broadens the scope of cooperation and future development".

Under the declaration, both countries vowed to "give priority to bilateral ties in each other's diplomatic strategy despite changes in the regional or global political landscape".
http://www.chinadaily.com.cn/china/2011-06/14/content_12686849…

ニュージーランドでM5.5の地震

みなさん、こんにちは。

ニュージーランドのクライスト・チャーチでマグニチュード5.5の地震がありました。

東日本大震災の余震でしょうか。
それとも、次の大地震の前兆でしょうか。

■vocabulary
coroner's inquest:(陪審による)審問検死
with the ground "moving side-to side":地面が横に動いて(with+O+~ing:Oが~しながら)


[VOON] Christchurch earthquake

Christchurch hit by 5.5 earthquake

Christchurch has been struck by a powerful 5.5 magnitude earthquake which was felt as far south as Dunedin.

The quake was at a depth of 11km, centred 10km south of Christchurch, off the coast of Sumner.

Herald reporter Jarrod Booker, who was at the Riccarton Racecourse attending the coroner's inquest into 106 deaths at the CTV building during the February 22 quake, said there was severe shaking with the ground "moving side-to side".

"People started running out of the building, they were quite frightened."

The shake was felt in Ashburton, Timaru and Dunedin.

出典は以下でしたが、新情報が加筆され、タイトルも変わっています。
http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10731968

では、また。

大都市を離れる大卒者が増える(中国)

みなさん、こんにちは。

今日は中国の大卒者で、大都市を離れて地方で暮らす人が増えている、というニュースです。

原因は、給与が低いため、北京、上海、広東では暮らしていけないことです。

中国でもなかなか厳しい現実があるんですね。

出典記事は面白いので、続きも読んでみてください。

ちなみに、今日の録音は時間がなくて、クオリティが低いです。悪しからず。


[VOON] grads leaving

Grads leaving big cities for lower living costs

More than 22 percent of college graduates choose to leave Beijing, Shanghai and Guangzhou after three years of toiling in those megacities, where the opportunities are becoming scarcer.

Of the graduates who move elsewhere, those who make fewer than 2,000 yuan a month or more than 9,000 yuan a month are the most likely to go, according to the Chinese College Graduates Employment Annual Report, which was released on Thursday in Beijing.

http://www.chinadaily.com.cn/china/2011-06/10/content_12668454.htm

では、また。
Have a good weekend!

ハッカー部隊、出動せよ!

みなさん、こんにちは。

今日は、世界のハッカー部隊の話です。

一昔前までは、ハッカーといえば、セキュリティの網の目をくぐり抜けることに興味がある若者たちのお遊び、いたずら的側面が強いものでした。

しかし、昨今はグーグルのGメールやロッキード社、あるいは日本に関するところで言えばソニーなどが、ハッカー攻撃を受けて、情報漏洩による甚大な被害を受けています。

このような規模になると、いたずらでは済まされず、国家の安全に関わってくるということで、米中ではハッカー部隊を編成しているということです。

表向きは、防御のための部隊ですが、サイバー攻撃も辞さないということです。

rampant:蔓延した、激しい
nerd:オタク
thwart such incursions:そういった侵入をうまく避ける
the battlefield of cyberspace:サイバースペースという戦場
the Blue Army:共産圏は赤がシンボリックカラーなので、旧ソ連軍はthe Red Armyと呼ばれた。中国の人民解放軍も、赤のイメージがあるが、このサイバー部隊は対照的な色なので、そこが面白い。
intruder:侵入者
retaliate:報復する


[VOON] the hacker wars

The Hacker Wars

With digital attacks becoming rampant, the computer nerds who work for the good guys to thwart such incursions have become the new Navy SEALs—elite commandos who can carry out sophisticated operations on the battlefield of cyberspace. The enemies they’re battling slip into computer systems to steal information or wreak havoc and then slip out without being detected. The services of these commandos, both to attack and defend, are becom…

クラゲに意思があってもいいじゃないか

みなさん、こんにちは。

今日は、クラゲには神経組織があり、脳もある、というニュースです。

クラゲには、神経組織がないと考えられています。

しかし、ノースカロライナ大学のリチャード・サテレイ博士は、クラゲは、ここが脳で、ここが脊髄、と位置がはっきりしている動物と比べると、神経組織が分散しているが、だからといって、それが問題ではない、と主張しています。

クラゲの神経組織は、感覚情報統合センターとして働く構造をなしているそうなのです。

とにかく、簡単にいえば、クラゲは徒然なるままに、水の上に浮かんでいるのではない、ということです。

◆vocabulary
dispute:論争する
conventional:伝統的な、ありきたりの
semblance:外形、外観
verebrate:脊柱のある
diffuse:散らす、拡散する
helter-skelter:無秩序な、乱雑な

neuronal condensation:神経の密集
coalesce:癒着する、くっつく
distinctive structure:明らかな構造

flat-out wrong:全くのあやまり、完全な間違い


[VOON] jellyfish has mind

So Much More Than Plasma and Poison

Dr. Richard A. Satterlie, a marine biologist at the University of North Carolina Wilmington, recently disputed the conventional wisdom that jellyfish lack any semblance of the central nervous system that we higher vertebrates are so proud of. The distribution of a jellyfish’s nerve cells may be comparatively more diffuse than in an animal with an obvious brain and spinal cord, said Dr. Satterlie, but the layout is hardly helter-skelter. Re…

Apple unveiled iCloud

みなさん、こんにちは。

今日は、アップルのスティーブ・ジョブズ氏が、iCloudを公開したというニュースです。

私はよくわからないのですが、便利みたいで、今後これが主流になるのではないでしょうか。

5色のiMacが2000年ころにでたとき、フロッピードライブがなくて驚いたけど、また同じような常識を覆す新発想なんでしょうかね。


[VOON] Jobs unveils iCloud

Steve Jobs unveils iCloud digital hub

APPLE chief executive Steve Jobs unveiled a free digital hub called iCloud on Monday that allows users to store music, photos and other content on the Internet and access it on multiple devices.
Mr Jobs and other Apple executives also introduced the next generation of Lion, the software that powers Macintosh computers, and iOS 5, the latest mobile operating system for the iPhone, iPad and iPod Touch.

Mr Jobs said iCloud would eliminate the need to transfer music, documents, photos and other content stored on hard drives to other devices.

http://www.straitstimes.com/BreakingNews/TechandScience/Story/STIStory_677004.html

録音のはじめの5秒前後に、音読の背景で、ごくごく小さい声が聞こえるかもしれません。

行商の八百屋さんが、毎日大声で八百屋が着たことを知らせる歌を歌いながら、家の前を通るのですが、その声を拾ってしまったようです。

では、また。

ナポレオンは英語の勉強をしていた

みなさん、こんにちは。

今日は、ナポレオンが書いた英語の書面が9万3千ユーロで落札したというニュースです。

ナポレオンがセントヘレナ島に幽閉されていたときに、練習したものだそうです。

今日の英文は、数字がたくさんあり、ドルもシンガポール・ドルである上、フランス語まででてきたので、読むのが本当にたいへんでした。

何度も練習し、録り直しましたが、これが限界です。


[VOON] Napoleon's English lesson

Napoleon's English lessons sell for $167,000

PARIS - NAPOLEON'S first English lessons while he was banished to exile on the South Atlantic island of Saint Helena fetched more than 93,000 euros (S$167,237) at an auction in France on Sunday, several times more than they had been valued.

Three lots of text in English and French, as well as drawings, by the fallen emperor had been valued 7,000 to 9,500 euros, said the Osenat auction house. 'Qu'es qui etoit arrive. What was it arrived,' Napoleon wrote in his first stumbling efforts to grasp the language of his adversaries.

http://www.straitstimes.com/BreakingNews/Lifestyle/Story/STIStory_676675.html


では、また。

A Geek in Japan(本)と、NYTimesの編集長交代の2つのニュースを音読した

みなさん、こんにちは。

今日は、2つのニュースを録音しています。

一つ目は、本の紹介。
"A Geek in Japan"という本で、日本の伝統文化~サブカルまでを紹介しているものです。
ほしいかも。

ちなみに、geekは奇人とか変人とか、そういう意味です。


二番目は、ニューヨーク・タイムズの編集長が交代したというニュースです。

昨日の夜中から、何度もこのツイートがありましたが、気にしませんでした。

で、今朝、各紙を見ていると、今度の編集長は女性であることがわかりました。


◆vocabulary
martial arts:格闘技
rein:手綱(たづな)
plot a course:進路を決める
grapple with~:~と取っ組み合う
declining print advertising revenue and circulation:広告収入と発行部数の減少
the migration of readers to free news online:読者がネットの無料のニュースへ移ること



[VOON] a geek in japan & new editor of NYT

A Geek in Japan

Comprehensive and well informed, “A Geek in Japan” covers a wide array of topics in short articles accompanied by numerous photographs, providing a lively digest of the society and culture of Japan.

It’s a hip, smart and concise guide to manga, anime, J-pop, or zen, martial arts, Japanese people’s character and society: It may be everything together. This book is based on the contents of a blog named “Kirainet.com” by author Hector Garcia, and the Spanish version is …

北京の地下鉄の特徴を表す漫画

みなさん、こんにちは。

昨日から衣替えなのに、やたら寒くて、おかげですっかり風邪を引いてしまいました。

今日は、北京の地下鉄の話です。

7路線あるそうですが、それぞれの特徴をイラスト付きで、利用客に語ってもらっています(これは録音してないので、出典を見てください。)。

北京の人たちの日常が垣間見れて、とても面白いです。



◆vocabulary
bustling:大混雑している、あわただしい
cartoon:漫画
sprawling:四方八方に広がった
chunk:大部分


[VOON] Beijing's subways

Home truths about your subway

In a bustling metropolis like Beijing, the subway plays an important role in everyday life. Like an old friend, it takes us to work, back home and to our many playgrounds. So when a series of humorous cartoons was released that interpreted the characteristics of seven Beijing Subway lines, they became the talk of the town. METRO talked to passengers about the capital's sprawling underground system and the lines they spend large chunks of their day riding.

ちなみに、私も昨年の4月に北京に行き、地下鉄にも乗りました。

中国は大国だから、おおらかで、長距離列車などは数時間遅れることは珍しくない、と聞いていました。

ところが、どの駅でも、ホームにデジタルの時計があって、秒まで表示されており、ビックリしました。

出典の記事には、時刻通りの運行を喜んでいる乗客の声もありました。

http://www.chinadaily.com.cn/metro/2011-05/31/content_12609666.htm
では、また。