Skip to main content

Posts

Showing posts from July, 2011

中国高速列車事故、報道規制

みなさん、こんにちは。

今日は、夏期講習の中休みの一日なので、更新します。

やっぱり、英語の音読は楽しい!

ここ数日、教材の英語ばかりだったので、こういう普通の英語がやっぱり楽しい。

もちろん、新聞の英語は書き言葉だから、会話の英語とは文体も表現もまるで違うので、読みにくいし、音読向けではありません。

でも、informationという点で、読んでいて楽しいです。

ところが、本音を言えば、一年前に音読練習を始めてから、英文を読む量が激減しています。

それは、この音読練習+ブログ更新にとても多くの時間が費やされているからです。

読書の時間が、音読に捕られてしまって、ぜんぜん本が読めない。

でも、音読を始めた理由は、英語や速読に飽き飽きしたから、というのが最大の理由だから、仕方ないか。

こういうジレンマを、英語で何というか、ご存知ですか?

たぶん、Catch-22、または、You can't have your cake and and eat it too.(食べた菓子は手には残らない・一度に二つ良いことはない)と言うと思います。


さて、今日の英文は、中国の高速鉄道の事故に関して、報道管制が敷かれているというニュースです。

政府に不利益な報道をしないのは、万国共通なので、驚きません。

しかし、事故の検証が不十分なまま、運行をすぐ再開したことには、驚きましたね。


[VOON] China seeks to muzzle reporting on train crash

単語
muzzle:言論の自由を妨げる
touching story:感動的な秘話、お涙ちょうだい的な話
despatch management⇒dispatch management:ずさんな管理体制
dispatchは「やっつけ仕事的な」

China seeks to muzzle reporting on train crash

CHINA has ordered its media not to probe a deadly high-speed train crash that has triggered public anger and raised questions over the rush to develop the rail system, reports said on …

マードック氏のサイトがハッカー攻撃される

みなさん、こんばんは。

今日はphone hacking scandalで揺れるマードック氏のタブロイド紙、The Sunのウェブサイトが、ハッカー攻撃を受け、記事が書き換えられた、というニュースを音読しました。

火曜日のThe Sunの一面の記事が、マードック氏の遺体が庭で見つかったというものに差し換わっていました。

差し換えたのは、ハッカー集団のLulz Security。

電話のハッキング事件で、話題を集めているNews Internationalに対して、ハッカーたちがちょっとイタズラをしたという、ユーモラスというか、何と言うか、そういう記事です。


[VOON] Murdoch website hacked

Lulz Security attacks Murdoch website

Websites owned by Rupert Murdoch's News International newspaper company have become the latest targets for the Lulz Security hacker collective, which replaced The Sun's top story with one claiming the media tycoon had died.

The article asserted that the 80-year-old Murdoch had been found dead in his garden after ingesting palladium, and visitors to the site were redirected to the hacking collective's Twitter feed.

"We have owned Sun/News of the World," Lulz Security posted on Twitter late on Monday, before Tuesday's front page story on The Sun's website read "Media mogul’s body discovered".

News Interna…

元学校中退の社長が貧しい子どもたちへ毎年100万ドル寄付

みなさん、こんにちは。

今日は、毎年100万ドルを貧しい子どものために寄付することにした、会社社長の話です。

S.M.ジャリール氏は、学校を退学し、その後、ガテン系の仕事を始めましたが、今では社員寮の建設と運営をする会社の社長です。

その彼が、貧しい子どものために、毎年100万ドル(シンガポールドル)を寄付し始めました。

ジャリール氏は言います。

「人間、生まれてくるときも、あの世に逝くときも、何も持っていかないんだから、自分で貯めてばかりしてないで、ちょっとは困っている人に分けてやろうじゃないか。」

■vocabulary
school dropout:学校中退者
philanthropist:慈善活動家
cause:福祉
accumulate:(財産などを)貯める・蓄積する
those in real need:本当に必要としている人たち


[VOON] ex-dropout's $1m a year to help poor children

Ex-dropout's $1m a year to help poor children

BUSINESSMAN S.M. Jaleel, 53, grew up poor but now leads a company that builds and runs workers' dormitories.

The philanthropist, a school dropout who began work as a construction worker, has set up a foundation to pump $1 million a year into causes for disadvantaged children.

Mr Jaleel said at the cheque presentation at the Hotel Fort Canning: 'We arrive in this world with nothing and go in the end with nothing. Why not share a part of what you have accumulated and make life better for those in real n…

人造器官の人体移植、成功!

みなさん、こんにちは。

いやぁ~、すっかり夏ですね。

でも、昨晩は汗ひとつかかず、ぐっすり眠れました。

実は昨日、仕事から帰って、ハイボールを飲んでる途中で少し横になりました。

気がつくと、朝の9時半で、電気もクーラーもつけっぱなしでした。


さて、今日の録音は、研究室で作った気管(*器官の誤字ではありません)を初めて人体に移植手術した、というニュースです。
今までは、ドナーの気管の一部とか、細胞組織を人体に移植することはありましたが、本人の基幹細胞を研究室で、立派な気管に育てあげて、移植したのは、今回が初めてだそうです。

再生医療ってやつですね。

■vocabulary
synthetic windpipe:人造の気管
stem cell:基幹細胞
tissue:組織
trachea:気管
regenerative medicine:再生医療


[VOON] lab-made organ implanted

Lab-made organ implanted for first time

For the first time, a patient has received a synthetic windpipe that was created in a lab with the patient's own stem cells and without using human donor tissue, researchers said Thursday.

Previous lab-generated transplants either used a segment of donor windpipe or involved tissue only, not an organ.

In a laboratory in London, scientists created a trachea, which is a tube-like airway that connects at the voice box and branches into both lungs.

On June 9, doctors implanted this synthetic windpipe into a 36-year-old man with late-stage trach…

らき☆すた:第二回「オタ婚活・鷲宮学園編」が開催されます

みなさん、こんにちは。

今日は、らき☆すたの聖地、鷲宮で、第二回目の「オタ婚活:鷲宮学園編・趣味ばかりの君たちへ」が開催されるというニュースです。

鷲宮町の商工会議所の青年部が企画したイベントで、昨年は386名の男性、115名の女性参加者の中から、それぞれ20名ずつが選ばれ、実際に7組のカップルが誕生したそうです。

商工会議所の青年部の人たちが、アニメを使っての町おこしということで、5年前までは、7万人くらいの初詣参拝客だった鷲宮神社も、今や45万人で、埼玉県第二位です。

鷲宮にもたらした、らき☆すた関連の経済効果は、一説によると、22億円だそうです。

こういうのも、イノベーションですよね、ドラッカーさん?


[VOON] Lucky Star Otaku matchmaking event

Lucky Star Town to Host 2nd Otaku Matchmaking Event

Washimiya, the Kuki City neighborhood that is home to the "Lucky Star shrine," has announced that it will host a second "Ota-Konkatsu" matchmaking event for otaku on July 17. The local chamber of commerce and industry's youth division is again producing the "Ota-Konkatsu Washimiya Gakuen-Hen ~Shumi Bakari no Kimi-tachi e~" event.

The first event, held last November, picked 20 men and 20 women from a lottery of the 386 men and 115 women who applied to attend the event. Out of the 20 couples paired at the event, seven became actual couples. For this year'…

BaiduとMicrosoftがサーチエンジンで提携

みなさん、こんにちは。

今日は、マイクロソフトの英語のサーチエンジンが、中国のBaiduと提携を始める、というニュースです。

マイクロソフトは、検閲問題で中国から撤退したGoogleのシェアを奪いとり、中国のインターネット市場でのシェア拡大を狙っている模様。

■今日の気づき:リエゾン
後半の、The move is aimed at increasingの発音。

何度も録り直しているうちに、気づきましたが、The move / is / aimed / at / increasing と私は最後まで読んでしまいました。

しかし、The movis / aimdatin/ creasing と読む気持ちで区切った方が、滑らかになると思いました。


[VOON] Bidu Microsoft

Baidu, Microsoft team up for English search in China

Baidu, the biggest web company in China, will partner with Microsoft to provide English-language search results.

English search queries will be directed from Baidu to Microsoft's Bing search engine, the Chinese company said in a statement late on Monday.

Baidu dominates search in China with more than 75% of the market.
The move is aimed at increasing Microsoft's small web presence in the biggest internet market in the world.

Some analysts say this partnership is aimed at taking market share from Google, which has already retreated from the Chinese market because of a censorship spat w…