Skip to main content

ヤバっ、北極海の氷の解け具合が過去最大!

みなさん、こんにちは。

今日は、北極海の氷の解け方が過去最大というニュースです。

これまでは、2007年が一番だったそうですが、今年はそれ以上に解けているそうです。

そして、2007年は氷が解けるのに最適な気候パターンだったから、やむを得ないところもありましたが、今年は8月初旬に嵐があった以外は、ごくごく平凡な年なので、ちょ~ヤバいということです。

[VOON] Climate landmark


The sea ice in the Arctic Ocean has melted to its smallest point ever in a milestone that may show that worst-case forecasts on climate change are coming true, US scientists said.

The extent of ice observed on Sunday broke a record set in 2007 and will likely melt further with several weeks of summer still to come, according to data from the National Snow and Ice Data Center and the NASA space agency.

The government-backed ice center, based at the University of Colorado at Boulder, said in a statement that the decline in summer Arctic sea ice "is considered a strong signal of long-term climate warming."

The sea ice fell to 4.10 million square kilometers (1.58 million square miles), some 70,000 square kilometers (27,000 square miles) less than the earlier record charted on September 18, 2007, the center said.

Scientists said the record was all the more striking as 2007 had near perfect climate patterns for melting ice, but that the weather this year was unremarkable other than a storm in early August.

Michael E. Mann, a lead author of a major UN report in 2001 on climate change, said the latest data reflected that scientists who were criticized as alarmists may have shown "perhaps too great a degree of reticence."

"I think, unfortunately, this is an example that points more to the worst-case scenario side of things," said Mann, director of the Earth System Science Center at Penn State University.

"There are a number of areas where in fact climate change seems to be proceeding faster and with a greater magnitude than what the models predicted," Mann told AFP.

"The sea ice decline is perhaps the most profound of those cautionary tales because the models have basically predicted that we shouldn't see what we're seeing now for several decades," he added.


今日は、記事も単にダラダラ長い上、 コメントをしづらいトピックを選んだので、音読も感想もダメダメだぁ!

ま、いっか。

ところで、私ごとですが、英語に関して、2つのことが起きました。

1つは、リスニング力がとても伸びたことです。

音読を3年2年4ヶ月続けた賜物です。※計算間違いしてた(^^ゞ

喉発音は1年8ヶ月くらい前に知りました。

その後、東日本地震が起きました。

あのとき、消沈気味の日本のために、自分で何かできることはないか?と考えました。

そして、世界に日本の苦境を伝えようと思い、震災直後の日本の英文ニュースを読み、ブログで発信し始めました。

何度も何度も喉を痛め、風邪を引き引き、1年半以上、喉発音を続けました。

しかし8月初旬までは、CNNやLaw & Orderを観てても、混みいった話になると、理解しようとして日本語が頭に浮かび、以後、日英ごちゃごちゃになり、ワケワカメになっていました。

耳と脳の間にパイプがあると例えると、途中で日本語が詰まって、英語が流れなくなるようなイメージでしょうか。

しかし、2週間くらい前から、英語を聞いているときに日本語が出なくなりました。

難しいトピックでも、英語のまま理解するできるようになりました。

パイプのつまりがなくなったのです。

ニュースの音読によって、語彙と背景知識、事件そのものの知識が増えたことも大きいです。

しかし、やはり、喉発音を追求して、英語の周波数帯を体得したことが一番の原因だと思います。

聞き取れない音が無くなったのです。

私は30年以上前から、FENを聞いていたので、聞き取れない音があるなんて、夢にも思わなかったです。語句の意味がわからないから、理解できないと思っていました。

しかし、聞き取れない音があったんだなぁ、と今は思います。

知らない単語は今も星の数ほどありますが、音が聞き取れるので、意味がわかるのです、なぜか。

というか、その単語は知らないから、わからなくても仕方がない、ピリオド、という感じでしょうか。

いずれにしても、英語を英語のままに聞き取れる喜び、素晴らしい!

それが第1点。 

2点目は、長くなったので、また今度。



Comments

Popular posts from this blog

クリームパンは温めると美味しいか?

みなさん、こんにちは。当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

昨日はPCが立ち上がらなくなり、再インストール、再設定云々で一日費やしてしまいました。

さて、今日はクリームパンの話です。

先日、コロッケパンを食べました。コロッケは冷めたいと固くて美味しくないので、レンジで温めて食べました。

その時は、コロッケパンとともに、クリームパンも買っており、それを食べる段になりました。さて、ここで問題が生じました。クリームパンを温めたらどうなるか?

◆簡易ディベート:クリームパンは温めるべきか?
否定派:「クリームパンを温めるなんて、そんなの非常識だ!」

肯定派:「いや、惣菜パンは温かい方が美味しいのだから、クリームパンだって美味しくなるはずだ!」

否定派:「クリームパンは中にクリームが入っているから、パンではなく、スイーツととらえるべきだ。スイーツはふつうは冷やして食べるものだから、温めるのは言語道断だ!」

肯定派:「スイーツを甘味食品と考えると、温めて食べるものだってある。あんまんは温めて食べる甘味食品ではないか。」

というディベートを頭の中で瞬時に行い、次のロジックを仮説としました。

仮説:パンは温めると美味しくなる(大前提)。クリームパンはパンだ(小前提)。それゆえにクリームパンは温めると美味しくなる(結論)。
※お~ぉ、三段論法ではないか!


実験:クリームパンをレンジで一分間*温めてから食べてみる。
*弱モード:380w

結果検証:

・パンはホカホカです。熱くて素手では食べにくいので、ナイフとフォークを使って切ってみます。 
※ナイフとフォークを出したら、洋食ぽくなったので、グラスにお茶を煎れて雰囲気を盛り上げています。

・クリームが柔らかくなり、とろけています。
 肉用のナイフだったのでパンが潰れてしまいました。

この写真ではよくわからないので、別日に取り直した写真で確認してみましょう。

ほら、クリームがとろけているでしょ!

・温かいクリームは、パンも温かいので、食べるときに特に気にはなりません。

※右の写真はパンの温度でレンズが曇ってしまいました。ソフトフォーカスではありません。見るからに美味しそうでしょ!

・冷えたクリームパンよりも、美味しいです!

結論:
・クリームパンは温めると美味しくなる。
・ただし、熱いので手に持って「ガブっと」噛み付く従来の食べ方は…

生バナナミルクジュースの泡は取れるか?

みなさん、こんにちは。当ブログへお越しいただきありがとうございます。


さて、今日はある実験とその結果をお伝えいたします。

◆ミキサーで生ジュースを作る
私は小型のミキサーで、果物ジュースをよく作ります。特にバナナと牛乳のミックスジュースが好物です。

東京では駅で生ジュースを売っているところもありますが、150ccくらいで300円くらいします!大阪だと200円くらいかな。

でも、バナナは一房5~6本で、200円前後で買えるので、自宅で作れば安い上、添加物もなく安全です。



◆問題:泡を排除して、サラっとしたジースが飲みたい

ミキサーで作ると、写真のように泡が立ちます。私はこれを取り去って、サラっとした感じのバナナジュースを飲んでみたいと思いました。


◆仮説:コーヒーフィルターでこせば、泡のないサラサラのバナナミルクジュースが飲めるはず
この泡を取るには、コーヒーのフィルターでこせばいいと思い、やってみました。


◆実験:ミキサーで作ったバナナミルクをコーヒーフィルターを使い、ドリップする
 やってみると、すぐに目詰まりして、10分経ってもグラスの1/5くらいにしかなりませんでした。

◆結果分析:こし取った分は、仮説通りサラサラ。しかし、時間がかかりすぎて、実用的でない。
さらには、果肉がないので、生ジュースを飲む目的の一つである食物繊維を摂取できないことに気づきました。


でも、別の方法でもやってみました。


◆仮説:茶こしなら、上手くできるはずだ
コーヒーフィルターでは上手くいかなかったので、もっと目の粗い茶こしで挑戦しました。

◆結果:茶こしも目詰まりを起こすので、上手くいかない。

やはり目詰まりを起こして、上手くいきませんでした。



もっと目の粗い茶こしで、再チャレンジしましたが、結果は一緒でした。

そこで、最後にもっと目の粗いもので試しました。しかし、今度は、上手くいかないことを証明するためです。


◆仮説: 三角コーナー用のネットで、バナナミルクをこしても、サラサラにならないだろう。ミキサーで作るバナナミルクはバナナの果肉と牛乳の混合物なので、単に目の粗い網でこすだけでは、サラサラにはならないだろう。


◆結果:いつも通りの泡立ったバナナミルクになった。
網の目が荒かったので、大きめの果肉は引っかかりましたが、それ以外はスルーして、結局いつも通りになりました。

ここまでやって、満足し…

メタリカのインド公演中止、プロモーター逮捕

みなさん、こんばんは。

今日はメタリカのコンサートが中止になり、プロモーターが返金しないことで逮捕されたというニュースです。

先週の金曜日、インドのデリーでのコンサート中、セキュリティ用の柵が壊され、メタリカのメンバーは演奏を中断し、その後のインドでのコンサートはキャンセルになりました。

その払い戻しに主催者側は応じなかったため、横領罪で4人が逮捕されました。

今日は、風邪で鼻声がとてもヒドいです。


[VOON] Metallica gig is canceled

Fans Smash Stage After Metallica Gig is Canceled
Promoters of scrapped India show arrested for fraud

The organizers of a planned Metallica concerts in India were arrested after the show was called off, leading fans of the band to destroy the stage and vandalize equipment. Metallica had been booked to play in Delhi on Friday, but they postponed the show after a security barrier in front of the stage collapsed.

The group issued a statement explaining that they were "notified that there was a serious question as to whether the show could proceed with regard to the safety of the concert audience, and our first and foremost concern is always for the safety of you, the fans." The promoters were unable to secure a permit for a concert on the following…