Thursday, August 28, 2014

Wait for the outcome:STAP細胞の追実験結果がわかるまで黙って待つ


       Do you know the STAP cell?

       The STAP cell is a kind of embryonic stem cell, which can be made into any kind of body parts, such as muscles and nerves.  And the STAP cell is believed to synthesize more easily than other stem cells.  That sounds fantastic.

       But most of the people seem skeptical about it.  They deny its existence. They harshly criticize the leader of the research team, saying she didn’t produce the cell and the research paper was a fake.

       Others think the research is a waste of our tax money, which supports the study as well as the research institution.

       Whether she commited a misdemeanor or not, I think we should give the study more time because the STAP cell itself is good for all of us.

       First of all, the STAP cell can be used in a wide range of medical treatment if it really exists.  It’s worth spending our tax on the study, whether they succeed in producing the cell in a lab or fail.  So they should go on the research.

       Secondly, the main issue we should discuss is if the cell exists, or if they can really synthesize one just as the researcher said.  What she did is a secondary issue, however scandalous it was.  Now, the follow-up experiment is going on.  We should wait for the official announcement of the outcome of it.

       Thirdly, the STAP cell has already been beneficial to us.  It’s ironic but thanks to it, we all know how messy communities of scientists are.  We now know how bad the governance of the institution is.  They need reforming.  But, without this scandal, we would never know them.

       From those three reasons, I’m willing to wait for the result of the follow-up experiment.  Before the official announcement is given, I won’t care for the news coverage of the STAP cell.

※書きたかったことは、もうちょいカジュアルなものだったが、書きなおしているうちに、固い文章になってしまった。

※3番目の理由から、論旨がグダグダになっている。

※マスコミの報道は、真実とは限らない。記者や本社のバイアスがかかっている。だから、自分で出かけていって、いろいろ体験し、考えることが大切だ、という文を書きたかった。

Wednesday, August 27, 2014

Get out of old hopes, and Get a new self!

"I want more money."

"I want a more profitable job.”

"I want a job that I can make the most of my skills, knowledge and a long time job experience, and get along with my colleagues."

Those were my 'mantra,' sacrid words, which I kept thinking about 24 hours a day, 365 days a year.

But today, I decided to kick them out of my mind, because, as long as I got those hopes, I would keep recognizing that I was in the opposite situation.

That means, as long as I hope to get more money, I will keep paying attention to my shortage of money, which isn't necessarily true to me.

To be sure, I want a bigger salary, but I manage to live with the salary I earn today.  And I enjoy my life on the budget, to some extent.  For example, I go shopping at a supermarket late at night, on my way home, and get a various kind of bread, flies like croquette, cutlet, and so on, at a discount.  I'm quite satisfied with that.

So I should say I'm happy with my salary to some extent.

However, I always said to myself, "I need more money."  That means I only hypnotize myself that I have lack of money.  And actually, I believed that I had a financial hardship, which wasn't always true as I mentioned before.

Just as about money, I was pessimistic about my job and future as well.

However, just like about money, it only made me believe to think I was unhappy about my job.  Of course, it wasn't always true because I was really excited when I taught English.

So I stopped saying or thinking about those hopes.

Instead, I decided to say to myself, "I'm happy with my job." And "I'm very rich."

Probably, I will be happier with my job, and be very richer, because I will start looking at the bright side of my job and financial situation. 

And finally, in order to be always happy, I'm intend to remember the theme song of 'The Life of Brian,' one of Monty Python's movie. ー "Always look at the bright side of your life!"

※願いや希望を持つのは、人として当たり前の行為です。
しかし、注意も必要です。
 「今よりも、もっと良くなれ!」と願うのは、ある意味で、「今の自分は満ち足りてない」ということを自分自身に、刷り込んでいると言えます。
だから、そうではなく、逆に、「自分はもうすでに、ハッピーだ!」と刷り込みましょう、というのが、今日の言いたいことです。

Friday, August 22, 2014

うるさい生徒を静かに学習させるには

I teach reading comprehension and social study to the 4th graders at a cram school but I always have trouble dealing with them.  Because some of them are very naughty and noisy, they will disrupt the class.  I often shout to keep them quiet, but it doesn't work, and that only makes me exhausted.

But I happen to come up with a good idea to make them do as I tell them to.  All I have to do is give them the same instruction repeatedly.

Now, let's think about why some kids don't listen to me.  The reason is very simple; they just don't pay attention to me.  

Let me tell you what happens in my class.  I say to the students in Japanese, "Open your textbook, page 58."  90% of the class does so, but the rest of them don't.  Not noticing them, I give another instruction, say, "I will give you fifteen minutes.  You will read the story and answer the following questions.  Now let's begin."  

Then the children start to read the story.  However, 10% of them can't, because they haven't open the book yet.

Then the tragedy is nearing.  Some of the latter students start to ask me, "Page 38 or 48?"  Others complain about me, "Wait, wait, wait. I still don't open the book!" 

Listening to those comments, the rest of the students, who've already started reading, begin to giggle and start to chat with next students, "Ken is a lazybones.  He hasn't opened the book yet."  "He always is."

And the party will start.  I start shouting, "Be quiet!  Keep your mouth shut during the class!" But the class is already chaotic.

So, what I should do to make the class get going?  

Repeat the same instruction again and again, till all kids do as what I tell them to.

Let me give you an example.

"OK, class, please open your textbook, page 58, page 58, OK?  Page 58, all right?  Page 58, Ken, have you already opened it?  Page 58, Ryuta, did it?  Page 58!"

Then what do you think happened to the class?  All of them listen to me and the class is all right!

※私の経験からすると、日本語は、英語に比べると、言葉が抽象的で、その分、言葉数が少ない会話をします。ことわざでも、沈黙は金、雄弁は銀といいますよね。

でも もしかすると、自分の意図することが、相手に通じていないことがたくさんあるのではないか、と疑い始めています。

Saturday, August 16, 2014

希望も可能性も、いくらでもある!

みなさん、こんばんは。

今日で夏休みも終わりです。

この夏休みは、素晴らしいものでした。

私は3つのことに打ち込みました。


<毎日走りました!>

毎日1時間弱、走って、身体を鍛えました。

運動なんて、10年以上、ロクにしてません。

忙しさと、自分の年齢を理由に。

でも、やったらできたのです。

初めは、身体中が痛くて、疲れて大変でした。

でも、身体が日に日に動くようになりました。

身体を動かすと、生きてるって充実感がありますね!


<英語の発音を磨きました!>

録音を公開(後悔?)しているので、ご存じかもしれません。

今回、自分の音読を聞いての収穫は、強弱の美しい波を作る、つまり、リエゾンを上手にするということです。

自分の英語が、日に日に言葉らしくなってきました。


<英語速読をしました!>

私は読むのが遅くて、困っていました。

そこで、毎日、ストップウォッチを片手に、やりました。

遅くなる理由は、理解しようとすることです。

わからないところで、止まる。

それが原因です。

だから、理解度0%で、とにかく目を速く動かして、読み切るようにしました。


1分間に600語(600 wpm; words per minute)くらいの速さです。

ペーパーバックは、1ページ350語くらいです。

だからこのスピードだと、1分で2ページ弱読む(見る?)ことになります。

ほっておくと、理解しようとし始め、読むのが遅くなります。

だから、理解度0%で、速く目を動かします。


でも、それでは読んだことにはならないので、読み返します。

今度は理解度1%以内です。

理解することを、極力排除しました。

そして、3回目。

今度は、理解しようとして読みます。

でも、止まらないで、です。

すると、英語を英語のまま、楽に読めます。

250wpmくらいです。

しかし、問題は、3回読み返さないといけない。

トータルでは、以前よりずっと時間がかかってしまいました。

だから、今は、一回目を450wpmくらいで理解度は50~70%くらい、二回目を250wpmくらいにして、二回で終わらせています。

理解とは、肝心な部分を押さえることであり、すべてのセンテンスを日本語に訳せることではありません。

肝(きも)となるところがわかれば、残りを読み捨てても、100%理解した気になるのです。

だから、いらない部分をたくさん、読み捨てるのです。

それが速読の肝だということを、再確認しました。


<自分には希望も可能性もいくらでもある>

この3つをやって、なんだ、まだ伸びしろがいくらでもあるじゃないか、と思いました。

希望も可能性も、いくらでもある!

生きるって、最高に面白い!

Tuesday, August 12, 2014

Goodby, Robin Williams!

みなさん、こんにちは。

アメリカの俳優、ロビン・ウィリアムズさんが、亡くなりました。享年63歳。
窒息死で、自殺だと思われます。

今日の英語は、前半はなかなか理想的。強弱の波があり、リエゾンが滑らか。
後半は、エネルギー不足になり、波が少し弱いかな。

何度も録り直して、そこそこいい音読になっています。

Thank you for giving us a lot of laughs.  
I will dedicate this recording to you, Robin. It's only a thirty second, reading out a news article of you, though.

R.I.P.


https://news.yahoo.com/blogs/celeb-news/robin-williams-dead-of-apparent-suicide-at-63-231414092.html

<語彙>
morph:変身する 

関連語句:metamorphosis : a process in which sb/sth changes completely into sth different:メタモルフォーシス、変身、変態

※余談だが、空想科学読本で以前読んだが、仮面ライダーとか、ウルトラマンとか、サナギマンからイナズマンに、「変身」するが、医学・生物学的には、「変態」というのが正しいとか。

Mork form Ork : ロビン・ウィリアムズは70年代後半~80年代前半、Mork and Mindyというテレビ番組で、 人気を博したらしい。
日本で言えば、相棒で有名な水谷豊が、北野広大先生だったようなものか。

autopsy:検死解剖
asphyxia:窒息死

autopsy に asphyxia ― かつて(15年位前)、パトリシア・コーンウェルやジェフェリー・ディーヴァーなど、推理小説をよく読んでいたころを思い出すなぁ。

あの頃は、こんな語彙、いつ役に立つのかなあ、と思っていた。

でも、それは自分が知らなかっただけ。

今思えば、当時からアメリカの刑事ドラマや映画、あるいは殺人事件の記事などには、こういった語彙はいくらでも登場していたはずだ。

<Goodby! Robin>
ロビン・ウィリアムズを知ったのは、それはもちろん、Good morning, Vietnamだ。

子どもの頃から、FEN(今のAFN)を聞いて育った私には、米軍のDJが主役のこの映画は、とても印象的だった。

というか、ストーリーもいいからね。

また、その後のDead Poet Societyとかもよかった。 The Fisher Kingとかも、なぜか2回観た。

Good will hunting もテレビで2回くらい観たなぁ。

あと、Mrs. DoubtfireやJumanji も面白かった。

映画ではなく、the actors studioに出演したときも、観て、感銘を受けた覚えがある。

彼はきっと、生真面目な人間で、故に、ドラッグや酒に頼ったのではなかろうか。

人を笑わせる、というのは、ストレスフルなことだ。

もう、この世で他人を笑わせる必要はない。

あの世では、自分が大いに笑って、ストレスフリーで暮らせることを祈ります。

Sunday, August 10, 2014

赤い星と青い星はどっちが大きいのですか?

みなさん、こんにちは。

今日は涼しかったですね。

さて、今日も、音読をしました。

昨日書いたように、今の課題は、音の強弱が波のように聞こえるように、発音することです。

すなわち、滑らかに英語を話せるようになることです。


今日の英文は、ヤフーの質問コーナーにあったものです。

別に、ニュースじゃなくてもいいやと思い、これにしました。

https://answers.yahoo.com/question/index?qid=20140810034355AAP5GRj

今日は2つのバージョンをアップします。

一つは、録音のtake3かtake4くらいの、まあいいかな、というバージョン。

もうひとつは、それからまた2回くらい録り直して、今日はもう限界、というバージョン。


まあいいかなversion


今日はもう限界version


なかなか、イイ感じじゃない?

この英語力を、もっと役立てたーい!

このブログに音声を載せたきっかけは、東日本大震災。

日本の現状を、世界に伝えたくて、東日本大震災関連の英文記事を音読したのが始まりだった。

では、また。

Saturday, August 9, 2014

暑いけど、お菓子焼きましょう



みなさん、こんにちは。 

毎日暑くて、このところ、めっきり肉や野菜の炒めものをしなくなりました。

代わりに湯煎で済むレトルトカレーとか、ハンバーグが多くなっているのですが(^_^;)

この感覚は、アメリカ人にも、共通するみたいです。

書き出しの部分に惹かれ、音読しました。

記事は音読部分以外、読んでません。

後で気づいたのは、この文を書いた人は、元祖カリスマ主婦、マーサ・スチュワートでした。

たったのこれだけの文章なのに、私を惹きつける何かがあるのですなぁ。

https://www.yahoo.com/food/how-to-turn-any-summer-fruit-into-a-crumble-92827587335.html

さて、英語の方ですが、相変わらず、リズミカルに読めてません。

これで10回以上は練習したのですが、People don't likeと、the dessertsと、Here, のところのリズム感が気になります。

良いリズムだと、山と谷がはっきりわかる波のように、聞こえます。

ですが、上記の箇所は、きれいな波になっていません。

そんなことを言えば、きれいな波になって聞こえる箇所は、皆無に近いですが(^_^;)

ま、そんなところが今の課題です。

Friday, August 8, 2014

エボラのアメリカ入国は避けられん!でも流行らないよ



https://news.yahoo.com/ebolas-spread-us-inevitable-says-cdc-chief-205903838.html

今日はエボラ出血熱に関連するニュースです。

アメリカのCDCの所長は、エボラ出血熱のアメリカでの感染は避けられないが、大流行はしないだろうと発言しました。

航空機による人の行き来が多い現代では、アメリカへのエボラウィルスの流入を阻止するのは、難しいとのことです。

私は、アメリカでは大流行しないと思います。

理由は、アメリカ(先進国)とアフリカ諸国(発展途上国)では、以下の4つに格段の違いがあるからです。

     1.公衆衛生(上下水道を含む)の設備・意識
     2.予防の教育、情報量
     3.医療設備・技術
     4.人々の栄養・健康状態

また、すでに感染した米国人2名を帰国させて、治療をしています。

もし、大流行の危険性があるなら、理由をつけて帰国させず、現地で治療をすると思うのです。

***

さて、今日の英語ですが、全般的にグダグダです。

弾むようなリズムがないです。

個々の発音だと、citizenshipが難しかったです。

また、フリーデン所長の台詞部分の音読も、ダメですね。

本来弱く読む単語を強く読んだり、切れ目がめちゃくちゃだったりで、聞いていて、発言がよくわかりませんでした。

でも、まだまだ伸びしろがいっぱいだ!

では、また。

Thursday, August 7, 2014

直火焼きチーズハンバーグはお買い得!

ハンバーグに凝っている私は、マイバスケットで95円で売っていた、直火焼きチーズハンバーグ(高崎ハム)を食べました。

http://www.takasakiham.com/products/product_zikabi_3.html

パンにはさんでハンバーグサンドにしました。

期待しなかったのですが、美味かったです。

で、発見がありました。

それは、このハンバーグが130グラムもあることです。

マックのクォーターパウンダーより大きいんですよ!

そういえば先日食べた、セブン-イレブン金のハンバーグ、トップバリュのタスマニアビーフ・ハンバーグはおよそ160グラムでした。

重さ(大きさ)に着目すると、イシイのハンバーグやマルシンハンバーグは、100グラムに満たないこともわかりました。

そこでわかったのは、113グラム(≒1/4ポンド)以上あれば、だいたい満足するのではないか、ということです。

なるほど。

満足度は量と比例するのかもしれません。(⇒当たり前。そんだけ食えば、満腹になる。)

では、また。

Let's enjoy worrying! This is how to confront my worries.

I'm on vacation!  I'm very happy to be free from the work.  I can do whatever I want as far as my financial power is permitting.

But that's the point.  Finance.  Money. 

Without working, I can't earn money.  Then I start worrying about what to do to save my money.  I should spend hours at home instead of going out because I can save money. 

At home, I begin to think of if I should switch a job.  I'm not happy about my job and, taking it into consideration that my skills and experiences, I'm entitled to a bigger salary.

But, when it comes to switching a job, I will start to worry about my age.  I'm too old to get a job easily.

This is how my worry will be mushrooming at an incredible speed, and that makes me feel blue during my 'happy' vacation.

Now the problem is how to deal with those multiplying worries.  How can I sort them out?

Today I hit upon a rather good idea.  That is 'to enjoy worrying per se.'

If you worry something, say, your money, your relationship, and you name it, you’ll feel frustrated or blue.  That makes you keep worrying instead of finding a solution.  Worrying makes you stop thinking, so you can't get positive attitude.

Enjoy worrying sounds weird but it's practical.  Once you start enjoying your worry, you will begin to look into it more closely and come up with some ideas, which will possibily be a solution in the long run.
 

"Oh, I'm worrying about my money!  Then I will get to the bottom of my financial situation, to begin with." or "How much did I spend last month?"  "What did I buy last month?"  "What kind of items should not I buy again this month and how much money can I save?” etc.  You will look at your worry with positive attitude.


So, from today, I will stop keeping worrying, but will enjoy worrying!



夏休みになり、仕事がなくなりました。

すると、お金のことが心配になります。

お金の心配の後には、もっと収入のよい仕事につけないか、と心配し始めます。

収入のよい仕事を考えだすと、自分の年齢が気になりだします。


このように、不安が次から次へと増殖していきます。

しかも、いつも袋小路に陥ります。


なんとかならないものか?

そこで考えたのが、不安をエンジョイしよう、ということです。

不安になると、思考停止を起こし、「あ~あ、どうにもならんなぁ」で終わってしまいます。

しかし、もし不安をエンジョイできたら、その不安の原因を見なおしてみたり、対策を考えてみたり、いろんなことを、きっとしたくなるだろうな、と思いました。

ひいては、それが不安の解決策になったりするかもしれません。

ということで、不安を大いにエンジョイしようではありませんか!

Monday, August 4, 2014

ハンバーグにハマる

みなさん、こんにちは。

今日は、ハンバーグの話をします。

7月中旬に、松屋で食事をしました。

そのとき、厨房でハンバーグを焼いているのが見えました。

うまそうだな、と思い、数日後、また松屋に行き、ハンバーグカレーを食べました。

http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/curry/cry_original_hb_140725.html

ハンバーグ以外には具がないカレーでしたが、おいしかったです。


以来ハンバーグに興味を持ち始めました。

***

前から気になっていましたが、ネット上では、セブン-イレブンの金のハンバーグがおいしいと評判です。

http://www.sej.co.jp/products/7gold1105.html  (←このページの中段)

で、先日私も食べてみました。

初め、ちょっと小さいかな?と思いましたが、味も量も満足いくものでした。

***

ハンバーグへの探究心に火が着いた私には、もう一つ気になるものがありました。

それは、ダイエーで売っている、トップバリュ・タスマニアビーフ・ハンバーグです。

http://www.topvalu.net/select-tasmanianbeefhamburgersteak/

値段はセブン-イレブンのよりも、100円くらい高いです。

先ほど食べてみました。

これはおいしい!Yummy! お世辞抜きにうまい。

厚みも十分、デミグラスソースも濃厚で本格的!

超オススメです!

いろいろなハンバーグを食べて、夏の暑さを乗りきりましょう!

おっと、アオハライドの時間だ。