Skip to main content

Posts

Showing posts from September, 2014

夢と希望を持ってますか?

夢と希望を持ちましょう。

なぜ?

それは、夢と希望があると、毎日が楽しくなるからです。

中年になると、自分の限界が見えてきて、夢と希望が持てなくなります。

反対に、絶望的で無益な余生は簡単に持てますwww

でも、私は気づきました。

今、自分ができてないことを、問題とか、悲観的に考えるのはやめましょう。

逆に、おぉ、私にはこんなにたくさんの夢と希望がある!と思うべきです。

なぜか?

だって、夢と希望って、発声するとワクワクしてくる不思議な言葉じゃないですか。

先週くらいから、こう考え始めたら、毎日が楽しくなってしまったのです。

今までは、「あ~ぁ、3年頑張ったがネイティブみたな発音ができない。 」

「あ~ぁ、10年観ててもCNN、100%は聞き取れない。」

「あ~ぁ、15年ペーパーバック読んでるが、1日に100ページ読めないなぁ。」,etc.

なんて、ため息ばっかりでした。

こんな毎日、楽しくないに決まってます!

だからこそ、発想を変えるのです。

「ネイティブの発音が夢だ。3年やってだめなら次の3年はその夢の達成のために費やそう!」

「CNN100%聞き取るのが夢。10年でだめなら、次の10年は希望に溢れてる!」

「15年やってもペーパーバックを毎日100ページ読めない。次の30年はこの夢を達成するために使えるぜwktk」

30年やってだめなら、50年やればいいじゃん。

その間は、夢と希望に満ちあふれて、楽しい日々が送れるはず。

この思考法で、しばらく頑張ってみようと思う。

音読と発音をうまくするコツ

英語の発音と音読を上手にするための、2つの大事なことを、今日発見しました。



※間違って読んでいるところがいくつもありますが(^_^;) 気にしない、気にしない。

http://news.yahoo.com/blogs/trending-now/friend-s-kind-gesture-after-high-schooler-was-pranked-into-thinking-she-was-nominated-for-homecoming-court-193418348.html

その1:あごを引くこと

はじめは、パソコン画面を見ながら、音読していたので、猫背で、あごを突き出し気味に、録音を繰り返していました。

どんなに喉の奥で発音しても、読んでいくにつれ、徐々に声が上ずり、口発音に近づいていきます。

そのとき、ふと、あごを引いて読んでみると、それまでよりも、ずっと楽に、うまく出来ました。

のどに負担もかかってない気がします。

あごを引く、というのは、英語発音のコツの中のコツかもしれません。


その2:英文の意味内容をきちんと理解してから、音読すること

当たり前に思えますが、私は、これまで4年間、毎回100%理解してから音読していたわけではありません。

ふつうは、同じ英文を3~4回音読すれば、もちろん単語も調べますから、ほぼ100%わかります。

だから、優先順位は、ネイティブっぽく発音し、スラスラ読むことが第一で、内容理解は二の次でした。

ところが、今日は、何度音読しても、内容がわかりませんでした。

音読もうまくいきません。

そこで、録音をやめて、黙読して、内容を確認しました。

「あぁ、そういう話だったのか」と理解したとたん、スイスイ音読できました。

※Lilianが写真の2人の女の子にだまされたのかと、思っていたので、まったく意味がわからないまま音読を繰り返していました。

そうではなく、別の生徒たちがLilianをだまして、それを知った2人がLilianのために一肌脱いだ、という話でした。

自分の中に起きた変化

できないことを、ネガティブに捕らえず、夢や希望でいっぱいだと考えよう!

なんていってたら、自分に変化が起こった。


昨夜、仕事から帰ってきてから、ジョギングをしたのだ。

夏休みに走っていたが、それからは、日曜日のみになっていた。

だが、昨日から突如、帰宅後に走り始めた。

以前は、帰宅したらすぐビールであったのに。


そのビールも、ノンアルコールになった。


それだけでない。


これまで面倒でやらなかったアイロンがけも、数年ぶりに再開した。

ノーアイロンシャツだから、別にいいやと思って、アイロンがけはいつの間にかしなくなっていた。

でも、急に、糊付けしたシャキッとしたシャツが着たくなり、気づいたらアイロンがけをしていた。


自分の生活が変化して、なんか面白い。

毎日が、本当に夢と希望でいっぱいな気がしてきた!

発想を変えれば、夢や希望のあふれた毎日になる

英語の速読をやっているが、1分間に350単語、つまり1分で1ページ読めない。

音読をしても、なかなかうまく発音できない。

できないことが山ほどあるのに、時間がない!

できるようになりたい!


でも、嘆く必要はまったくありません。


裏を返せば、できるようになりたいことが、山ほどあるということ。

つまり、夢と希望に満ちあふれているのです。


発想を少し変えるだけで、夢や希望を見いだせない毎日が、ガラッと変わります。

ベジマイトで肉野菜炒め丼、最高!

今日は、豚バラ肉入りの野菜炒めを作った。

味付けは、日本酒少々、塩(クレージーソルト)少々、そしてもちろん、ベジマイト小さじ1。

それをご飯にかけて、いわゆる「肉野菜炒め丼」!

すんげーうまかった!

ベジマイト、最高!

※ビールの苦味がダメな方は、無理。私も子どもの頃、酒粕、粕漬けがまったくだめだったように。

ベジマイトはバター、チーズと相性がいい

昨日も書きましたが、ベジマイトを使った料理をいろいろ試しました。

結局のところ、甜麺醤(テンメンジャン)に色が似ているので、その代わりを期待して、野菜炒めに使ったり、あるいは焦げた醤油味の香りがする味噌ということで、味噌汁を作ったりしました。

ですが、今のところ、パンにバター(マーガリン)を塗り、その上にベジマイト&チーズという組み合わせが一番美味しかったです。

それは、オーストラリアで一番ポピュラーな食べ方です。

たぶん、パンにバターやチーズ、ジャムでは、塩気が足りない。

そこにベジマイトが加わると、あぁ、うまい!となるのです。

でも、ベジマイトを使った美味しい料理を作る夢や希望は尽きません! 


Good bye, Mr. Perfect! Perfect things may be too tight for you to be free.

今日、あるスケジュールを完成させました。

それは惚れ惚れするほど完璧なスケジュールで、とても満足しました。

でも、不思議なことに、しばらくすると、「ちょっとここを変えたいなぁ」と思い始めました。

ところが、完璧なスケジュールだったので、ある部分をいじると、他がみな崩れちゃう。

「うーん、参ったなぁ。どこもずらせない。」

そこであることに気がつきました。

それは、「完璧は、窮屈だ。」ということです。

(※変更したいと思う時点で完璧でない、というツッコミはなしの方向で。)

私は、完璧を追い求める気質(途中でいい加減になるけど)でした。

それで、周りが見えなくなったり、 必要以上に無理したり。
考えてみれば、完璧を求めた結果、悪いことがたくさんありました。

でも、完璧は窮屈だと気づいたので、もう追い求めないことにしました。

だって人間なんだから、テキトウでいい。

それが今日の気付きでした。

Take it easy.

今日もアオハライドよかった。

アオハライド、今日もよかった。

そこで考えたが、自分も中学生や高校生のとき、そして大学生のときも、ちゃんと立派に友だちがいた。

いやいや、社会人になってからだって。

職場が変わったり、転職もたくさんしたけど、どこでも友だちはちゃんといたなぁ。

な~んて、すっかり忘れていたことを思い出した。

http://aoha-anime.com/