Wednesday, February 18, 2015

ツルツル英会話



今日の音読は、今読んでいる、Douglas Preston & Lincoln Child 著の Relic の終わりに近い場面です。

ネタバレが最低限で済むように、場面を説明します。

ニューヨークの博物館の特別展示に関連して起きた殺人事件。
犯人は博物館内に潜伏中。
その犯人を追い詰めるために、FBIの特別捜査官ペンダーガストが、植物学を専攻している学生のマルゴと博物館内でしている会話です。



“Take a look,” she said to Pendergast, stepping away from the door.

Pendergast moved forward.

“Excellent,” he said after a moment.

“It’s perfect blind, as long as those flashlight batteries hold out.”

He stepped back from the door.

“How did you happen to remember this room?” he asked curiously.
Margo laughed shyly.

“When you took us down here on Wednesday, I remember seeing this door marked PHCHYDERMAE and wondering how a person could fit an elephant skull through such a small door.”
*phchyderm:ゾウ・カバ・サイなどの皮が厚い動物
She moved forward.

"I'll keep watch through the peephole," she said.

“Be ready to rush out and trap the creature in the Secure Area.”

先日、練習してもさっぱり上達しないので、いちおう完璧宣言しました。

でも、自分の録音を聞いてつくづく思うのは、「この人、英語をしゃべり慣れてないなぁ」ということです。

簡単に言えば、英語が「ツルツルっ」と出てこない。

発音とか、口の形とか、筋肉とか、喉だの胸の共鳴とか、いろいろ大切です。

しかし、英語が「ツルツルっ」と出てくることが前提なのでは。

ということで、これからは、英語を「ツルツルっ」としゃべることに力を入れて、音読練習を継続していこうと思います。

やり方は、今までとは反対に、いろんなことを考えずに、とにかくたくさん音読する。

しかも、早口で。

で、たまに録音して、チェックして、直す。

これでいくことにします。

キーワードは、「ツルツルっと」です。

Wednesday, February 11, 2015

Yummy! 日清カップヌードルヌードル チーズポタージュ



Hello, everyone!

Today, I will introduce to you a new product I'm crazy about these days.  It is "Cup Noodle cheese potage."

https://www.nissin.com/jp/products/items/6468

It is a brand new product, and I started eating in this February.

The new Cup Noodle is fantastic, and particularly the soup is just incredible.  The new product contains three kinds of cheese, and they will be melted into the potage soup and mixed with it.  So it is very2 thick and creamy.  

Once you eat it, you can't help but eat again.  It is a magical food you will be addicted to.  

I'm very happy to know most of my readers are living outside of Japan, so, fortunately or unfortunately, you are immune to this deadly product.

Tuesday, February 10, 2015

Relicの音読

みなさん、こんにちは。

今日の音読は、Relic (Duglas Preston and Lincoln Child 著) から、NYPDのLieutenant D'Agostaが、初めてFBIのspecial agentのPendergastに出会う場面です。

まあ、このシリーズの主役の二人が初めて出会う場面といった方がわかりやすいでしょう。

博物館で殺人事件が起こり、D'Agosta警部補は、殺人現場が荒らされないように、指示出しをしているところに、Pendergastが突如現れ、面食らうところです。




D’Agosta: "Is the Crime Lab team on the premises? And the coroner’s investigator? Or are they out for coffee and croissants?  Put cardboard boxes over those footprints.  And you guys, when you're done, squeegee a trail aroung the body so we can walk without tracking blood everywhere."

Pendergast: "Excellent."

D’Agosta: "Who the hell are you? The undertaker?"

Pendergast: "Pendergast."

D’Agosta: "Well, Pendergast, you better have a good reason to be here, otherwise –"

Pendergast: "Special Agent Pendergast."

D’Agosta: "Oh. FBI? Funny, why aren’t I surprised? Well, how do, Pendergast. Why the hell don’t you guys phone ahead? Listen, I got a headless, de-brained stiff down there. Where’re the rest of you, anyway?"

Pendergast: "There’s just me, I’m afraid."

D’Agosta: "What? Don’t kid me. You guys always travel around in packs"


前回、Heat Risesを読んで、語彙がわからないので、楽しめない、と言いました。

でも、Relicを読みはじめて、わかったのです。

Relicに比べると、Heat Risesはあんまり、面白くなかった。 

だから難しく感じた。

こっちは、3冊読んだことがある上、ストーリーが格段に面白い。

語彙はこっちのほうが難しいが、気にならない。

要は、好みの問題のようだ。

***
<音読について>
本当は、もっとネイティブな発音のはずなのに、聞いてみると、昔と変わらない。

やはり、完璧だからなのか。

今は、口を大きく動かして、特に横に「イー」と大げさに伸ばして発音している。

日本語と違う発声を心がけている。

上達は頭打ち(完璧だから?)だが、それはそれで楽しい。