Saturday, January 14, 2017

美味しさアップ!マルシンハンバーグ

今日、マルシンハンバーグを食べました!

レンチン2分で出来上がり。

ネットでマヨネーズをかけて食べるというのを見つけたので、そうしました。

前よりおいしくなった気がします。



ところが、ネット上では、レンチンバージョンになってから、まずくなったと書いてあります。

ラードが減ったので、子どもの頃食べたフライパンでカリッと焼き上げる方がよかったらしいのです。



ところで私は、マルシンハンバーグを40歳くらいまで食べたことがありませんでした。

子どもの頃、魔法使いサリーとか、ひみつのアッコちゃんとかテレビで観てると、マルシンハンバーグのCMが流れて、あ~食べてみたい!と思ってました。

ところが、母は、まずい!の一点張りで、決して買ってくれませんでした。

代わりに、イシイのハンバーグでした。


で、時は流れ、初めて食べたとき、母は正しかったと思いました。

ハンバーグには程遠い、奇妙な食べ物でした。

しかし、マルシンハンバーグの歴史を知り、納得しました。

魚の練り物の会社らしいのです。

だから、さつま揚げの延長みたいな発想で作ったらしいのです。

確かに似た食感。



ところが、今日食べたものは、私には美味しさアップだったのです。

それは、喫茶店とかで出される、ハンバーグサンドのハンバーグの食感&味でした。

というわけで、私は美味しくなったと思います。 


みなさんは、マルシンハンバーグにはどんな思いがありますか。

Thursday, January 12, 2017

中華を一瞬にしてイタリアンにする秘密のレシピ

焼きそばやチャーハンに飽きた。

たまにはイタリアンでも食べたい。

でも、イタリアンなんて作れないし・・・。

そんな悩みって、ありますよね。(いや、ないと思う。)



でも、中華をあっという間にイタリアンにする方法を見つけました。

とっても簡単。

本当は秘密にしたいんだけど、特別に秘密を公開しましょう。


それは、あるものを加えるのです。


チャーハンや野菜炒め、塩焼きそばをまず作りましょう。


で、できたら、最後にそれを加えます。

さて、それは何でしょう?


答えは、トマトジュースです!

お玉1~2杯のトマトジュースを加えます。

すると、チャーハンは、チキンライス、塩焼きそばはナポリタンに、野菜炒めもいい感じになります。

年末から、こればっかり。


なお、出汁は、味覇でいいですが、コンソメにすると、もっとイタリアンになります。

たぶん、玉ねぎをミキサーでみじん切りにして加えると、もっと本格的になりそうです。

試してみてください。