Skip to main content

Posts

Showing posts from 2018

Daniel Silva: House of Spies の音読2

https://www.dropbox.com/s/ufqfac3hi2zj71l/WIN_20181216_13_11_18_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Daniel Silva 著、House of Spies のP 351 -352を音読しました。

ここは背景の説明箇所なので、盛り上がらないところです。しかし、この前の部分の100ページくらいは、本当に面白い。

ロンドン、パリ、ワシントンで爆弾テロを起こした黒幕、Saladinの情報を得るために、Gabriel AllonらMI6の工作員, フランスDGSIの秘密下部組織、Alpha Groupらが、ある大物を罠にかける工作が、すごく緻密に描かれていて、読むのがやめられなくなる。

スパイ小説は、John Le Carre, Frederic Forsyth, Robert Ludlumなどをずいぶんと読みましたが、Daniel Silvaは、彼らの伝統を引き継ぐ、正統派の後継者だと思います。

興味のある方は読んでみてください。

シュレーディンガー方程式を読む

みなさん、こんばんは。

先週以来、微分積分を復習して、微分はなんとか、わかるようになりました。

しかし、積分はやはりむずかしく、定積分、置換積分法、部分積分法というのが、本当に理解不能でした。

そこで、得意のStop thinking about that.  Don't think, feel! ということで、左脳で考えるのをやめて、右脳に任せました。

簡単に言えば、あきらめました。

それで、次の予定を前倒しして、「理系のための微分・積分復習帳」竹内 淳 著 講談社ブルーバックス を買って読んだところ、ヒントを見つけました。

それでもう一回、積分をやり直したら、わかったちゃったのです!


今は、同じ竹内淳著、「高校数学でわかるシュレーディンガー方程式」(講談社ブルーバックス)を読んでいます。

10年位前に買って、挫折した本です。

今は、微分積分がわかるようになり、この本の数式も、著者が言うように、ペンで紙に書いて数式を動かしてみたら、よくわかりました。

わかったといっても、使いこなせるわけではなく、その数式の変換の過程が追えるというだけですが、でも、自分がずいぶん変化したなぁと、感慨無量です。

Stop thinking. 右脳を使おう!

みなさん、こんにちは。

土曜日となると、一週間の疲れがどっと出て、悩みや心配などの、不快な思いが頭をよぎります。

その際に、Stop thinking about it. ということで、すぐに不快な考えをやめて、いい気分になるよう心がけています。

で、最近気になっているのは、右脳を使おう!です。

みなさんもご存知の通り、我々の脳は、左右に分かれていて、役割分担をしています。

左は、言語や論理的思考、右は芸術などが得意とされています*。

*最近では、一方が完全にではなく、左右両方で作業を共有し、補完し合っている、という考え方もあります。


でも、『右脳を使おう!』と言っても、具体的にどうすればいいのか?

歌ったり、絵を描いたりするのか?

いやいや、もっと簡単な方法があるのです。

それは、Stop thinking about it.

つまり、左脳が得意な、論理的思考を止めよ、ということです。

まる一日使っている左脳の思考を、少し止める。


悩みや心配があれば、そのことは考えない。

もっと、端的に言えば、例の、Don't think. Feel! なわけですよ。

考えないで、その代わりに、感じるのです。



でも問題は、何を、どうやって感じるのか?ですね。

それは、stop thinking して、ぼーっとしたり、長風呂したり、散歩したりすればいい。

すると、思いもよらないアイデアが浮かんできます。

そのアイデアを逃さず、活用するのが大切です!


この一連のプロセスが、Don't think. Feel! ではないかと思いながら、日々の困難に対処しています。

Daniel Silva: House of Spiesの音読1

https://www.dropbox.com/s/ni9kjkhr3xn8imm/WIN_20181206_17_28_08_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Daniel Silva 著 House of Spies の第4章の冒頭を音読しました。

イギリスのMI6の長官、Graham Seymoreが、MI5のAmanda Wallace長官に会いに、ロンドンのテムズ川沿いのMI5本庁舎へ行く場面です。
そこで、Grahamは、MI5の副長官Miles Kentから、Amandaが夫に逃げられたことを知ります。


Daniel Silvaは、過去に2冊読んだことがあります。長編を書きますが、とてもおもしろかった覚えがあります。

そして、今回のHouse of Spiesですが、最初の3章、25ページに、会話は一つもなし。
今回の背景となる、登場人物の紹介と、ISISによるロンドンの同時多発爆弾テロについての記述が続きます。

ところが、これが読み応えあるんだなぁ。

彼の文章に、グイグイ引き込まれ、まるでロンドンの現場にいるような気分になりました。

あ、それは、ストリートビューで、ロンドン市内をググったからか(^^ゞ

それにしても、今後の展開が楽しみな物語です。


それから、今日の音読は、口の両端に力を入れて、唇を動かすつもりで発声しています。

口の周りの筋力アップは、私には必要なものです。

しかしながら、人それぞれ、違いますから、自分に合ったやり方を見つけるのが一番です。

50歳からの数学

みなさん、こんにちは。

9月の最終週で、洋書しか読まないことに決めて以来、20年が過ぎました。

その20年間に、50冊くらいは和書も読んでいます。

その一つに、「高校数学でわかるシュレーディンガー方程式」がありました。

その本は、未読です。

というのは、途中から数式が出てきて、わからないからです。


さて、20年経って、一区切りついた気がしました。

同時に、高校の数学を勉強したくなりました。

しかし、中学レベルが怪しかったので、中1の内容からやりはじめました。

それから2ヶ月間以上、毎日毎日数学の問題を解きました。

高校の数1A、数2、数Bは、一番易しい、書き込み式の問題集をやりました。

何度やっても、3乗は3倍になり、プラス・マイナスは逆になる。

式を書き写し間違える。

あまりに間違うので、病院で脳の検査をしてもらおうと、真剣に考えました。

そして、ようやくたどり着いた数3。

高校時代、数学が大の苦手なせいで、文系だった私にとって、初めての教科だったので、教科書と教科書ガイドで勉強しました。

内容は、これまでの復習+プラスアルファだったので、複素数平面、式と曲線、関数、極限までは、意外にスイスイこなせました。

しかし、微分積分になるや否や、もう、完全にお手上げでした。

数2での微分積分はできたのに、数3になったら、数列も指数対数も三角関数もみんな微分積分するので、超たいへんでした。

特に積分は、自力ではできるわけもなく、昨日今日は解答まる写しです。

しかし、これも、写しながら内容を考えるので、いい学習法だと思いました。

それで、ついに今日、数3が終わりました\(^o^)/オワタ


もう私は文系ではありません。


とはいえ、今、センター試験の数学の問題を、答えを見ないでやったら、1問もできない自信があります。

なので今後は、微分積分の復習をする予定です。

それが終わったら、講談社ブルーバックスの、高校数学でわかるシリーズや、「一般相対性理論を一歩一歩数式で理解する」など読みたい本がいっぱいあります。

2ヶ月のハードワークのおかげで、私は今、夢や希望でいっぱいです!

The Strangerの音読2:口の両端にも力を入れる

https://www.dropbox.com/s/4ubhg8ibzqccxte/WIN_20181203_15_03_55_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Harlan Coben著 The Stranger の34章の一部を音読しました。

妻のCorinneが失踪し、残された夫のAdamが、息子のThomasとキッチンで話しているシーンです。

この小説、どうでもいい描写ばかりなので、セリフだけ音読し、後はほぼ読んでません。

おかげで、ページ数は240ページまで進み、あと100ページでおしまいです。

このセリフだけ読む読み方は、25年くらい前に、鈴木光司のリング、らせん、ループの3部作を日本語で読んだときに考案した速読法です。

以後、日本語の本は、ビュンビュン読めるようになりました。

日本語の本を読むのをやめて、英語の洋書だけ読むことに決めて以来、20年経ちました。

英語でも同じ速読法ができるようになるのに、20年かかったわけですね。


* * * <今日の動画の英語に関して> 数ヶ月前にも言ってましたが、発声や発音には、口の周りの筋力アップがやはり必要かと思います。
それは、itの発音を、イットではなくて、エットと発音するときに、allをオールではなくて、アールと発音するときに、普段の日本語と同じ力の入れ具合だと難しいからです。
それに、小鼻の両脇だけでなく、その延長線上の口の両端から力を入れた方が、やりやすい。
音声も大きく、クリアになる。
ま、そんなこんなで、今日は、口の両端に力を入れて、左右に引っ張る感じで声を出しています。
口、声帯、声質などには、個人差があるので、これは私だけに合ったやり方です。
発声の仕方は、その人の好みで、いいんじゃないでしょうか。

The Strangerの音読1

https://www.dropbox.com/s/5fzabuyi5kprr3g/WIN_20181128_11_24_09_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Harlan Coben 著、The Stranger の第2章の冒頭を音読しました。

ニュージャージーのバーでAdamは、見知らぬ男に「お前の妻は、妊娠していない。ついでに息子のDNA検査もしてみろ。」と告げられる。Adamは不安をかかえながら、息子のラクロスチームのメンバー先行会へ行く。

#1 New York Times Bestsellerと表紙に書いてあったのですが、第一章からして、スピード感がなく、面白そうではありません。

もうちょっと先まで読まないとわからないけどね。

Don't think. Feel.で行こう!

土曜日は、一週間の終わりで、休日前の楽しい日のはずだが、私は毎週、とても嫌な思いをさせられる。

週の最後の一日で、無難に過ごした分を、すべて覆させられる、そんな出来事が起こる。

その都度私は、Stop thinking about that! という思考習慣をつける、練習問題と思って、切り抜ける。

今日も、嫌な出来事があった。

Stop thinking about it! と言い聞かせながらも、その件をうだうだ考えていた。

すると、大きな文字と、大きな声が心に思い浮かんできた。

それは、DON'T THINK! で、「もういい加減、考えるのをやめろ!」とでも言っているように、感じた。

それで、その嫌な出来事について考えるのをやめた。

その後、小一時間過ぎたころ、その件に関する、まったく予想外の解決法が浮かんできた。

先週も同じ経験をした。

悩むのをやめると、違う角度からのその問題の答えが見えてくるのだ。

しかも、それが、本当に素晴らしい解決案や教訓だったりするのだ。

今後は、燃えよ!ドラゴン "Enter the Dragon" の名言、"Don't think. Feel!" を座右の銘にしていく。

the last mileの音読と自己イメージアップその2

https://www.dropbox.com/s/98p6kdl60fhwl67/WIN_20181107_12_41_06_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、David Baldacci著、The Last MileのP180-183の音読です。
FBIのDecker, Bogart, Jamison, Davenportの4人が、火事で死亡したRegina Montgomeryの家を、現場検証で訪れている場面です。

この小説、面白い。

さて、前回、自己イメージアップが大切と言いました。

これは、想像以上に大切だと気づきました。

自分の理想とする、the ideal me を想像しましょう。

その自分なら、どんな発言をするか、どんな行動をするか、どんな気分で日々過ごしているか、どんな人たちと付き合って、どんな評価を得ているか、どんな仕事をし、年収はいくらで、どんなところで、どんな暮らしをしているか、何をどこで食べるか、休日はどうしているか、など、具体的に考えましょう。

そうすれば、現実に起きることなど、そのthe ideal meに至る過程にすぎない、と思えるようになります。

現実でどんなに嫌な思いをしても、人間関係や仕事で上手くいかなくても、the ideal meに至る過程にすぎない、と考えれば、過去の出来事にとらわれずに、楽しく生きていくことができます。

毎日を、楽しく過ごしましょう。

自己イメージを大切にする

みなさん、こんにちは。

今日、帰りの電車の中で、ものすごく美しい女性を見かけました。

仮に知り合う機会があったとしても、自分なんかは、まるで相手にされないだろうな、と反射的に思いました。

そのときに、ハッとしたのです。

「ずいぶんマイナスな自己イメージを持っているなぁ。」



そこで、

「そうだ、私は、昨日から、素晴らしい英語発音ができるようになった、輝ける人間だ。電車内で、音読したら、みんな、驚嘆の眼差しで私を見るだろうな、ふふふ。」と、自己イメージを切り替えました。



「自分に対するを言動に気をつけよう」

相手を傷つけたり、落胆させることは、面と向かって言わないように、自分に対しても、マイナスイメージを抱くようなことは言わないようにしよう。

「あ~ぁ、どうせ自分なんて…。」的な発言はやめよう。

たとえ、仕事で失敗したり、人間関係で行き詰まっても、自分の至らなさを責めるのはやめて、高貴で史上最高の自己イメージを持ち続けよう。

過去は記憶、未来は空想、そして現在さえも一瞬で終わる陽炎(かげろう)みたいなもの。

そんな出来事に、いちいち左右されて、嫌な気分で過ごすのは、時間の無駄。

それよりも、常に自分は最高!という自己イメージを持ち続けて、何が起きても気にしない方が、毎日楽しく生きられるからね。

The Last Mileの音読2

https://www.dropbox.com/s/3rn8o3qsoxcpmkd/WIN_20181031_12_43_16_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、David Balddaci 著 The Last Mile の第9章のはじめの2-3ページくらいを音読したところを録画しました。

FBI の特別捜査官、Amos Deckerたちは、Melvin Mars の事件を再調査することに決定した後で、捜査チームのメンバー、Davenport とJamisonの3人で近くのバーで飲んでいるところです。
なお、Amos Deckerは、元フットボール選手で、Melvin Marsとは、カレッジフットボール時代に、対戦したことがあります。

さて、今日は、発声法について、動画で少し言及しました。

いつものように、小鼻の両サイドを上に、そして、後方に引く感じにすると、声が良くなります。

後方に引くというのは、鼻を左右に引っ張り、平べったくするイメージです。

今は、筋肉が未発達なので、表情が不自然ですが、数ヶ月もすれば、これが普通になるのではないかと、思います。

David Baldacci:The Last Mile の音読1

https://www.dropbox.com/s/g8epkbjow8m8lii/WIN_20181028_19_42_12_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、David Baldacci著 The Last Mile のP.7-9の音読を録画しました。

元アメフト選手のMelvin Marsは、白人の父と黒人の母を殺害した死刑囚で、今日処刑される予定で、監獄での日々や刑場の様子などを述べています。

今日の昼に、Ian Rankin著の Even Dogs In The Wildを読み終えました。

スコットランドの英語のリズムがピンと来なかったり、名前の読み方がむずかしい登場人物が多くかったり、スラングも知らないものばかりで、苦労しました。

YouTubeでIan Rankinのインタビューや、グラスゴーの町並みを観て、スコットランド英語の情報を集めました。

上手く発音できなかったものの、大意把握は問題なくできるし、内容は深くとても面白かったです。

今は、スコットランド英語からやっとアメリカ英語に帰還できて、ほっとしています。

イギリス英語は、各センテンスがとても長くて難しいですが、アメリカ英語は、センテンスが短いから、読みやすい。

立て板に水ではないですが、気分的に読むのがとても楽です。

David Baldacci の本は、1冊だけ読んだことがあります。


とても面白かったので、また買いました。

なるべく早めに読み終えるよう、頑張りたいです。

Ian Rankin: Even Dogs In The Wildの音読(3)

https://www.dropbox.com/s/2sswo9iq5mco5ad/WIN_20181024_12_42_32_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日も、Ian Rankin著 Even Dogs In The Wild です。

元刑事で、現在は警察の捜査協力をしている探偵のリーバスが、事件のカギを握る、David Ranterという男に会いに、Ullapoolという町へ行くところです。
地元の店で、Ranterの情報を仕入れるために、店主と話をし、それから、Ranterの家に行きます。

いつも、録画した後に、ようやく読み慣れてきたり、声が出るようになります。

完成品ではなく、ウォーミングアップみたいな動画をアップしてばかりで、すみません。

Even Dogs in the Wildの音読2:いやなことは忘れよう

https://www.dropbox.com/s/d2rqqqkj4tmbyb6/WIN_20181015_14_27_46_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Ian Rankin 著、Even Dogs in the Wild の20章の冒頭の音読です。

※タイトルを間違って読んでいるのは、ご愛嬌ということで(^^ゞ

引退した刑事のRebusは、警察の要請によって、ミントン卿殺人事件の捜査に加わった。彼は、the Gimletというパブで、ミントン卿に銃を売った男と会うシーンです。

前半は、パブと銃の売人の男の様子の描写ばかりです。

さて、いやなこと、悪いことは、すべて忘れて、今日も楽しく過ごしましょう!

Ian Rankin : Even dogs in the wild の音読1

https://www.dropbox.com/s/9350j9j5vyucbn5/WIN_20181007_12_04_24_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Ian Rankin 著:Even dogs in the wild の13章の一部の音読を録画しました。

<あらすじ>
スコットランドのある街で裁判官のミントン卿が殺害される。地域のギャングの親分のCafferty邸にもミントン卿と同じ脅迫状が届き、弾丸が撃ち込まれる。地元警察は、Caffertyと馴染みの、元刑事Rebusに捜査協力を依頼する。Rebusは刑事らと一杯飲んだ帰りに、Cafferty邸を訪れるが、ガードマンを含めて誰もいない。それで携帯からメールをする。

Ian Rankinの小説は初めてです。

The Inspector Rebus シリーズが彼の主力作品のようです(今知った)。

言い回しなど、慣れず、たどたどしい音読です。

反省点はたくさんありそうですが、それを振り返るのは止めます。

悪い点を思い出すことは、自分に欠点を刷り込むことになりますから。

それよりも、良い点を考えましょう。

まあ、初見の音読にしては、上出来です。 以上。

James Rollins: The Bone Labyrinthの音読1

https://www.dropbox.com/s/ekr65ac0yu1skqe/WIN_20180919_13_31_00_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、James Rollins 著、 The Bone Labyrinth の第7章の一部を音読しました。

James Rollins といえば、Sigma Force シリーズです。

といっても、過去に1冊しか読んでないですが、面白かった印象があります。

さて、今日の音読箇所は、アメリカ人の若い女性研究者のLenaと、Roland神父は、他のメンバーとともに、クロアチアの洞窟内で、ネアンデルタール人の遺跡を調査していた。しかし、何者かに襲われ、2人だけ洞窟内に取り残された。彼らを助けにGerard司令官が来たものの、地震や嵐、そして洞窟の長さのため、脱出がなかなかできない。そんなときに、地底湖をこちらへ向かってくるボートのエンジン音が聞こえてた。


最近、いろんな人が出てくると、この人誰だっけ?となってしまい、大幅に読み返すことが多くなってきました。

音読だと時間がかかりすぎて、登場人物を忘れてしまう難点がありますね。

もっと早く、一日に大量に読めればいいんですが。

もっとも、音読にこだわらなければ、いいだけの話ですが。

肩甲骨はがしが気持ちいい

ラジオ体操をするようになって、毎日が楽しくなった!

それは、身体の動きが軽くなったからだ。

肩こり対策として、ラジオ体操第1,2だけでなく、肩甲骨はがしという整体の動画も見るようになった。

これが気持ちいい!

そして、寝しなにやると、寝ていて背中が筋肉痛になり、そのせいか、とても奇妙な夢を見るようにもなった。

ま、夢はどうでもいいとして、パソコンやスマホに向き合ってばかりで、運動不足になりがちの現代人には、お手軽なラジオ体操や肩甲骨はがしのストレッチは、必須な気がする。

ラジオ体操第4って知ってた?

知ってましたか?

ラジオ体操第4!?

でも、これはNHKの公式ではなく、リーボックが作ったらしい。

いずれにしても、こんなのできない www

ラジオ体操で甦る身体

実は、8月下旬に、勉強しすぎて、死ぬところだった。

早稲田大学、慶応大学の英語入試問題、全21学部中、20学部分を1週間でやったのだ。

その結果、頭痛とめまいと、強烈な肩こりに襲われたのだ!

一学部90分、同じ姿勢で、難問を解くことの繰り返しで、肩と首がコチコチになってしまった。

その肩こりからくる、頭痛とめまい。

どうしようもないので、薬を塗ったり、2日間安静にしていた。

しかし、肩こりは治らない。

私は腕を肩から大きくグルグル回すようになった。

そのうちに、日本人なら誰でも知っている、あることを試してみた。

するとそれが意外と、効いたのだ。

それは、ラジオ体操だ。

やってみてわかったのは、ラジオ体操の大半が肩、腰を回す動きであることだ。

一日に三回やっている。

ラジオ体操第二も始めた。

その結果、長年のパソコンの使用で猫背で首を突き出すような姿勢だったのが、胸を張るような体勢になってきた。

姿勢が変わると、歩くときにも変化が起きた。

脚の普段使わなかった部分の筋肉を使うようになり、汗だくになった。

これが気持ちいい。

ラジオ体操で、死んでいた身体が甦ったのだ!

The Runaway Juryの音読3:今年の夏を振り返らない

https://www.dropbox.com/s/mwb94xggk1w58p7/WIN_20180830_22_44_50_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、John Grisham著、The Runaway JuryのP. 340-341の音読です。

大手タバコメーカーに対する訴訟の陪審員の一人、Millie Dupree は夫のHoppyに裁判の証人に関するメモを見せられる。
陪審員は、判決に影響が出るため、裁判期間中は、裁判関連の情報は誰とも共有してはならない。
Hoppyは、タバコメーカー側の手先に嵌められて、Millieの票をメーカー側に入れるよう脅されていた。Hoppyは、そのための策略をうまくやったつもりだったが…。

今日は、32℃だったので、たいして暑くなかった。

なんて思うようになった今年の夏だった。

梅雨明けが6月30日くらいだったから、もう2ヶ月だ。

終わってみるとあっという間だね。

今年は、終わったことは忘れるよう心がけたら、毎日とても楽しく過ごせた。

いい意味で、いろんなことが、どーでも良くなったw

これからも、過去は振り返らず、未来も考えず、今、目の前に起きていることに全力を注ぐつもりで、やっていこうと思う。

John Grisham: the Runaway Jury の音読2

https://www.dropbox.com/s/j6ebw063rcoa9o7/WIN_20180824_21_52_56_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。今日は、John Grisham著、The Runaway Jury のP220-222の一部を音読しました。

Biloxi(ミシシッピ州)で地味に不動産業を営んでいたHoppy DuPree のところへ、Ringwaldという男が、数年後にラスベガスの大手娯楽会社が進出してくる確かな情報を得ており、それが正式発表する前に土地を押さえておきたい、と話を持ちかけます。Hoppyは舞い上がってしまいます。

動画を見て、気づいたのですが、テンションをもっと上げると、より英語っぽくなりそうです。

ま、そうだよね。

お経読んでんじゃないんだからさぁ~。

チ~ン。

次回はそうしてみます。

ガイドとの会話:達成一直線でいこう

みなさん、こんにちは。

眠れないときとか、昼寝をちょっとしたいとき、YouTubeに睡眠誘発の音楽や瞑想用の音楽があるので、よく利用してます。

もちろん、英語版です。

さて、今日は心配事があり、眠れなかったので、それを聞いてみました。

英語のナレーションにしたがって、ゆっくり呼吸をしたりしていると、キリストみたいな青年のイメージが浮かびました。

ナレーションは、その人があなたのガイドです。質問をしてみましょう、というので聞いてみました。

私:「恐縮ですが、あなたが私のガイドなんですか。」
ガイド:「姿形は、君の意識を反映しているだけだよ。」
私:「そうですか。ところで、将来のことが心配なのですが、大丈夫でしょうか。」
ガイド:「君は本当は心配してないよ。顕在意識は、潜在意識の裏返しの場合もあるから、よく観察するといいよ。」

確かに、形だけ心配していて、ホントはなんとも思っていない場合が多い気がする。

私:「では、美人タレントの〇〇さんと結婚できますか。」と冗談半分で聞いてみた。
ガイド:「そもそも、そんな気はないでしょ?」


確かに、実際に会ったら、話は合わなそうだし、行動様式も違うので、大変だろうし、苦労するのが目に見えている。

ガイド:「でもねえ、なんかしたいなら、100%達成することだけ考えて取り組むといいよ。問題点が浮上しても無視。こうなったら、どうする、ああなったら、どうする、なんて考えてると、本来達成したいことよりも、その問題点、心配ごとに注意がいっちゃうから、そんなこと考えないで、実現に向けて一直線で進むといいよ。」

そっか。とりあえず、今、達成したいことに集中して、達成してから、問題点が起こればその対処をすればいいか。

何事も、達成一直線でいけばいいわけだ。

なんていう脳内会話をしているうちに、10分の瞑想時間が終わり、スッキリ目覚めた。

The Runaway Juryの音読:発音・発声にはもうこだわらない

https://www.dropbox.com/s/qyjdxn08tbfmpl7/WIN_20180808_22_12_45_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は台風が来るって聞いていたので、終日家にいたのに、来ませんでした。

これから来るそうです。

さて、今日の音読は、John Grisham著、The Runaway Jury のP. 58~59です。

タバコメーカーに対する訴訟の、陪審員の選定が終わり、彼らが法廷に入場するシーンです。

この本は、10年位前に読みました。先日まで読んでた本があまりにつまらなかったので、お口直しに、面白い本を読もうと思い、取り上げました。

発音や発声ですが、以前はあごを出すとか、いろいろこだわりましたが、もうやめました。

今は、鼻と、口の中のcanopyの間をふくらませるようなイメージで、音読しています。

簡単に言えば、小鼻の両脇やや下に力を入れて、鼻を挟むような感じです。

でも、もうそんなのも、こだわらなくなりました。

なぜなら、道は長く、終わらないからですよ(^0^)。

今日の東京の気温:過去は忘れましょう

みなさん、こんにちは。

今日は涼しくていいですね。22℃です。

昨日は33℃だったので、11℃下がっています。

今年の夏はどうなっているんでしょうね。


さて、今日で仕事が一区切りつきました。

夏のこの時期の仕事では、よい思い出がなく、肉体的にも精神的にも本当にきついものでした。

しかし、今年はそんなことは、微塵もありませんでした。

あんなに暑かったにもかかわらずです。

それは、このブログで繰り返し言っているように、過去は考えない、終わったことは忘れる、を実行したことと、思考停止を止めて、頑張ったからです。

過ぎたことはきれいさっぱり忘れましょう。

このブログも、初めは、これまでの経緯とか書こうと思ったのですが、面倒なのでやめました。

終わったことはどうでもいい。

また、思考停止を止めて、どうしたら自分が楽しく過ごせるかを考え始めたら、積極的になってしまって、なんだか不思議でした。

ということで、これからも、過去は忘れて、自分がどうしたら楽しめるかを中心に、日々を過ごしていこうと思います。

十段から学んだこと:焦る必要はない

みなさん、こんにちは。

十段について考えて、一つ学んだことがありました。

それは、焦る必要はない、ということです。

道は長い。

終わりもない。

若い頃は、何でもかんでも、早く上達したい、早く手に入れたい、など、焦ってばかりでした。

若い頃だけでなく、先週くらいまで、そうでした。

でも、弓道十段のビデオを見てたら、焦ってもしょうがない気がしました。

あの名人だって、的に当たる矢もあれば、ハズれる矢もある。

ハズれたからって、ムシャクシャせず、次の矢を黙々と射る。

そんなことを考えてたら、十段の人だって、修行中ってわかった。

だから、たとえ今日が失敗でも、明日また頑張ればいいやって、そんな気になりました。

synchronicity:古代の宇宙人を見てて閃いた

みなさん、こんにちは。

今日も37℃でしたね。

さて、私はAncient Alien というHistory Channel の人気番組を、もう5年位、毎晩見ています。

この番組は、古代の遺跡や伝承・伝説から、現代の科学の革新的な発見などを、全部、宇宙人が地球人にもたらした、という仮説を立てて、検証していく番組を構成しています。

とても面白いのですが、今日見ていて思いました。

何でもかんでも宇宙人のせいにするのは、写真に変なものが写っていれば全部、心霊写真にするのと同じで、思考停止じゃないか?(注:検証していくから、思考停止じゃないんだが。)

その瞬間です!

私が日々たいした楽しみもない、と嘆いて生きているのも、私の思考停止のせいじゃないか?

歳でもう体が動かない、若いものには敵わない, etc. なんて全部言い訳で、考えて行動すれば、事態は一変するんじゃないか?

と思ったのですよ。

つまり、嫌だなぁ、と思っていることは、嫌な側面を見続けてしまう。


それで、You will reinforce the problem of your job, your life, and so forth with dissatisfaction.  Then you will keep watching the negative side of those things, remembering unhappy events alone.
So stop thinking about the past.Think about what to do to make you happy.  If you aren't satisfied with your job, stop thinking about what happened in the past.  Instead, look at the bright side of it andlet's get going!  Think about what makes you happy.  It is you that can carry out a revolution in your life.
ということで、日々のつまらなさを、他者のせいにするのではなく、自分の思考停止、それに伴う行動不足だと気づいたのです。

明日から、ちょっと頑張…

Down Riverの音読2:

https://www.dropbox.com/s/gzjmnj8dgrnpyar/WIN_20180802_22_18_37_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんばんは。

今日は暑かったですね。

やっぱり、35℃を超えると暑い。

外出したときは、37℃くらいだったので、ちと、痛い感じがしました。

さて、今日は、音読動画を載せました。

理由は、昨日テレビをつけたら、Lindsay Lohan 主演の映画がやっていて、そこで彼女の演技に感心したからです。

さすがに、英語がうまい!

とても滑らかだ。あぁ私もこんなふうに、上手になりたい!

と思ったからです。

また、そのほかに、今日は、youtubeで観た、卓球の福原愛選手、石川佳純選手のインタビューで、二人ともあまりに中国語が達者なので、それにも刺激を受けました。

というわけで、先月からまだ読み終わってない、John Hart 著のDown River の33章です。

Miriam の婚約者で、警官のGeorge Tallmanに、Adam Chase (Miriamの異母兄)が電話しているところです。AdamはGeorge を疑っているので、カマかけているところです。

最初、初見で撮影したのですが、単語末の過去形のedとかが消えていたので、撮り直しました。

ところが最初の方が、声も発音も良かったという、結果に終わりました。

十段を目指す(最終話)

十段の話は、知り合いが弓道の有段者であることを知ったのと、和弓とアーチェリーの違いを知ったのがきっかけだった。

アーチェリーは的に当てる競技。

なので、弓の構造も、当たる精度が上がるように進化してきた。

一方和弓は、精度の向上を捨てて、精神を鍛えることを目的にして、現在に至っているそうだ。

それが気になって、youtubeを見ていたら、弓道十段の動画があって、十段や精神性に興味を持った。

いろいろと、理屈はわかったが、いざ街へ出て、いろんな人とすれ違うと、自分と相手の境がない、なんて心境には絶対になれない!

いや、むしろなっちゃまずいでしょ。

道場で稽古にひたすら打ち込んだり、山で座禅を組んだり、他人と接する機会が少なければ、そんな心境になれるかもしれないけれど、普通の生活をしていたら、無理だなぁ。

まあ、それでも、他人と接するときに、この人も自分と同じように、喜怒哀楽を日々経験して生きているんだと思うようになれば、これまでよりは、話をよく聞いてみたり、自分がされたら嬉しいような対応をするようになるかもしれない。

そうすることが、「自分の技術力・能力アップ」という個人レベルの発想から、「自分と相手の境がなく、一体となって、自然に調和しながら、流れるようなもの」という十段の境地への第一歩になるかもしれない。

ま、十段の境地というのも、私が推測して作ったものだが、武道の名人・達人クラスの人たちは、似たり寄ったりのことを言っているから、間違ってはいないだろう。

そういうわけで、一応、このシリーズは、一旦完結ということにする。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

十段を目指す(3)

みなさん、こんにちは。
月~水までは、40℃近い灼熱の日々だったのに、今日は台風です。

今15時で、気温は26℃ですよ。どうなっているのやら。

(前回のつづき)

三船十段は当時70歳でした。しかし稽古をしている相手を、いとも簡単に投げ飛ばします。

相手と自分の境がなく、自然の流れに身を任せているうちに、相手が投げられている、という感じです。

相手が攻撃しようと力んだり、投げてやるぞという気持ちがあったりすると、それが相手本人に、跳ね返ってくるように、思います。

相手を倒そう、という意識が原因となり、その本人がやっつけられる、という結果を生むのです。

なぜそうなるのか?

三船十段は、クラゲやティッシュペーパー、あるいは、暖簾(のれん)みたいなのでしょう。

相手が三船十段を投げようとして込めたパワーやエネルギーは、十段には作用せず、そのまま自分が回収することになる、つまり、自分が投げられるのです。

因果応報なんでしょうか???

合気道の塩田剛三氏のビデオでもそんなふうに見えます。
(つづく)

十段を目指す(2)

(前回のつづき)

最強=十段ではない。

それはなぜか?

それはフィジカル面での強さは、自分が誰よりも強くなる、相手に勝つ、という発想で、個人レベルの視点での強さだからです。

*誤解のないように言いますが、十段はフィジカル面、実戦や競技では、現役の若い猛者たちには敵わない、歯が立たないと思います。

私が考える十段とは、相手に勝つために、世界で一番になるために、自分を鍛える、という個人レベルでは到達しないものだと思うのです。

十段とは、相手も自分も境がなく、一体となって、自然に調和しながら、流れるようなもの。

木の葉が風に吹かれて枝から離れ、ひらひら舞い、小川に落ちて、その流れに身を任せ、どこまでも流れていく、ようなもの。




三船十段の動画を見ていると、相手に勝とう、威厳を見せるために、相手を見事に投げ飛ばそう、なんて殺気や力みがまったく感じられません。

相手も、三船十段に敬意を払って、実戦のような本気を出していないのかもしれません。

だから、二人で優雅に社交ダンスを踊っているように見えるのです。

しかし、三船十段の動きは、相手と一体となって、自然と調和しながら、動いています。

そして、その流れに逆らわず、相手をいとも簡単に投げ飛ばします。

十段の意識は、相手に勝つ、自分に打ち勝つ、といった個人レベルでないと思うのです。
(つづく)

十段を目指す(その1)

みなさん、こんにちは。

このブログのリピーターのみなさんは、海外の方が多いので、わからないかもしれませんが、月、火、水の猛烈なと暑さ、すごかったですね。

おかげで33℃くらいだと、今日は涼しいなとさえ思うようになりました。

その暑さの中、私は何を考えていたかというと、武道十段になるには、でした。

段位制度には、私は若い頃は、松本道弘氏の英語道の考えかたに夢中だったので、興味がありました。

で、Youtubeで弓道十段の人とか、柔道の三船十段の動画とかずっと見てました。

また、柔道の木村政彦とか、あとはブルース・リーとかも。

それでわかったのは、十段は、強さの発想が根本的に違う、ということです。

「相手に勝つ、自分に勝つ、誰にも負けない」という強さを追求しても、三段~五、六段止まりでしょう。

フィジカルな面では、このクラスが最強です。

人類最強、ゴールドメダリストになるでしょう。

七段以上だからといって、実戦では若い人には、逆立ちしても勝てるわけありません。

しかし、最強=十段ではないのです。
(つづく)


情報をもっと得るには:五感の活用のすすめ

みなさん、こんにちは。

ここ数日、インターネットに飽きてきて。

というのは、情報が少ないから。

インターネットの情報は、視覚・聴覚は使うけど。

匂いや味、温度、手触りはわかりません。

それに、人との接触もないし。

ということで、ネット情報よりも、現実生活での体験を重視するようになりました!

現実生活は、人との接触があり、痛いことも経験します。

むしろ、痛い方が多いかもしれません。

しかし、過去はすぐに忘れることにしたので、痛いことも減ると思います。

日々の生活がツラたんになるのは、

悪い体験を引きずる⇒それを元に未来を描く、

という因果関係に囚われているからです。

過去はすぐに忘れましょう!

未来も想像するのは、やめましょう!

視覚以外の感覚も使いましょう!

今日も蒸し暑いけど、風が吹くと少し気持ちいい。

耳をすますと、あれ、虫の鳴き声が聞こえる?

いやいや、家電製品の出すノイズでしょう。

もしかしたら、単なる耳鳴りかもしれません。

そんな些細な発見に気を取られていたら、過去の出来事から、解放されるでしょう。

ヨーロッパのアイスが食べたい

みなさん、こんにちは。

日本とEUが自由貿易協定を結びました。
今後は、EU製品が日本に入ってきます。
マスコミはチーズとワインが安くなると言ってます。

いやいや、それだけではありません。

医薬品やヨーロッパの自動車やバイクとか、フランスやイタリアの衣類とかだって安くなります。

他にもいろいろヨーロッパのほしい物が日本で買えるようになるので、考えただけでワクワクします。

また、商品だけでなく、ヨーロッパのレストランやカフェがどんどん出店するでしょう。

映画や音楽とかも、日本市場拡大を目指して、妙にエキゾチックで滑稽な作品が作られるようになり、日本に入ってくるでしょう。

さらには、日本でのビジネス拡大のために、EUの会社や金融機関も日本にやって来ます。

そういうわけで、今後は経済が活性化します。

また、世界経済や日・欧双方にとって、アメリカ・ファースト(国内優先)で保護主義的になったアメリカに取って代わる、強力なトレーディングパートナー誕生です。

歴史的なできごとです。

私にとっては、そんなことよりも、(今後輸入されるかもしれない、未知の)ヨーロッパの美味しいアイスクリームとか、そんなのを食べてみたいと思います。

今しかない:過去と未来の囚われから解放されよう

みなさん、こんにちは。

今日は朝から、ものすごく暑いです!

そこで、ハッと気づきました。

最近、過去の嫌な体験を忘れる練習、つまり、"Stop thinking about that.  That'll get you nowhere. "を口癖にするようになってからの変化に気づいたのです。

それは、今日の暑さを、今のこととしか、捕らえないということです。

以前は、昨日も暑かった ⇒ 今日も暑い ⇒ 明日も暑い ⇒ あと2ヶ月暑い、という具合に、過去と未来を関連付けて、考えていたはずです。

すると、暑さにずっと悩むという、不快な気分になったはずです。

しかし、今は違います。

今は、今日の暑さしか、考えていません。

昨日の暑さは終わったこと。明日以降の暑さは、まだ体験してない、想像にすぎません。

しかも実際は、室内は冷房のおかげで、涼しいです。


このように、過去に囚われなくなり、未来も不安に思わなくなって、ずいぶんと気楽な日々が送れるようになりました。

Down Riverの音読

https://www.dropbox.com/s/bcyo8inme312vaz/WIN_20180715_14_02_39_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、John Hart 著、Down River のP.7-9を音読しました。

録画時間は約6分。

内容は、幼馴染のDanny Faithからの電話によって、数年ぶりにNorth CarolinaのRowan Countyに帰郷したAdam Chaseは、Dannyの父が経営するFaithful Motelに宿泊する。そこへ現れたのは、Dannyの父のZebulon Faithだった。彼は、Dannyが数週間前からいないこと、そして、Adamの生家であり、地元の名家であるChase家に対して、なにやら不満のようなものを漏らすのであった。

最近は、発音がネイティブっぽくならないので、口の周りの筋力アップを心がけていました。

しかし今日、国井仗司さんのブログ記事を読んで、鼻腔弁の重要性を再確認しました。

そこで今回は、口の周りに力を入れたり、口の形はいっさい考えず、鼻腔弁を使った声質だけを意識して録音しました。

初見の文章なので、たどたどしいところもありますが、声はバッチリだと思います。

失敗を恐れなくなる方法

みなさん、こんばんは。

失敗を恐れなくなる、最高の方法を発見しました。

http://www.sanspo.com/baseball/images/20141226/npb14122612000003-p1.jpg

失敗を悪いものと考えるから、しないように気をつけたり、恐れたりするわけです。

しかし、私は、この長嶋さんの三振のイメージを思い出しました。

三振は野球にとっては、失敗です。

でも、格好いいじゃないですか!

失敗しても、長嶋さんは絵になるのです。

そう、失敗しても絵になる。

いや、むしろ、失敗するのが、私の真骨頂だとさえ考えるようになりました。

以来、なにごとにも、前向きに取り組めるようになりました。(終)

暗い未来との決別

みなさん、こんにちは。

悪いことはすぐに忘れて、思い出さない思考の訓練を始めてから、その応用編も考えました。

それは、暗い未来との決別です!

私も年なので、この先のことを考えても、現状維持か、それ以下の、ぱっとしないことしか、浮かんできませんでした。

それで、unhappy, uneasy になってしまいます。

でも、なるべく、日々happy でいたいので、嫌な過去を気にかけないのと同じように、そんな未来像が思い浮かんだら、
"Stop thinking about that. That will get you nowhere. "
といって、暗い未来の想像を止めるようにしました。

考えてみれば、自分で自分を不快にしているわけですから、そんなのはやめて、楽しいことを考えるほうが、得ですよね。

昔読んだ、Jeffery Deaver の確か"The Vanished Man"に、こんな感じの印象的な一文がありました。

"Everything in the past is memory, everything in the future is imagination."

どっちも、今向き合っている現実ではないので、どうせなら、楽しいことを考えた方がいいですね。

悪いことは思い出さない、心配はしない

みなさん、こんにちは。

今日から7月ですが、6月中に梅雨明けで、夏になるなんて、驚きです!

さて、先週から、訓練していることがあります。

それは、悪いこと、失敗、ネガティブな思考が湧いたら、すぐやめる、ということです。

実は、仕事で失敗したり、落ち込む原因となるような出来事が、多発しているのです。

しかし、そのことで悩んだり、悔やんだりしていると、happyでいられなくなります。

当たり前ですけどね。

それで、なるべくhappyでいたいので、悪いことは、忘れて、いっさい考えないようにしています。

失敗を反省したり、不安感が浮かんだら、すぐに、
Stop thinking about that. 
Past is past.  
Don't  look back. 
That'll get you nowhere. 
Stay focus on what's going on now. 
とか言って、気分を変えます。

そうすると、日々訪れる失敗や最悪な出来事が、違って見えてくるのです。

おお、これは、不快な思考をすぐに止めるための、訓練なんだ、よし、Stop thinking about what makes you feel blue.  

おかげで、毎日、楽しいです。

The Chase の音読3:口を横に横に広げて発声する

https://www.dropbox.com/s/j3t179wkckqobkn/WIN_20180624_21_47_56_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

Clive Cussler 著 The Chase のP.237-239の音読です。

<あらすじ>
Telluride の銀行のカウンターで Cromwellを待っていたのは、Van Dorn 探偵事務所のagentたちだった。しかし、Cromwellは、女装していたため、彼らは気づかず、先に2人を撃つ。
その後、妹のMargaretとともに、命からがら逃げるシーンです。

単語
Colt:コルト。銃の名前
She was going to be sick, but the nausea quickly passed when she turned and saw that her brother was also bleeding.

= but the sickness quickly passed:しかし、吐き気はすぐにどこかへ消えてしまった。

"We've got to get out of here. The shots will bring the sheriff and rouse half the town." 

= and wake up half the town.

the rig, buggy :馬車、1~2人乗りの馬車

今日のこだわりは、くちびるの両端が上向きになるように、口を横に横に広げて、発声する、ということでした。

では、また。

The Chaseの音読2

https://www.dropbox.com/s/j0hzx2v9n4fkc80/WIN_20180624_15_01_52_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日も、Clive Cussler 著、The Chase のP230-231の音読です。

毎日毎日、音読してますが、録音して確認しないと、すぐに日本語的な発音に戻ってしまいます。

そういう意味で、今日は久しぶりに録音してみて、その日本語発音にショックを受けました。簡単に言うと、母音と子音がくっついて、カタカナ発音になってる、ということです。

それの調整をしていたら、もう4時になってしまいました!

Time flies!

<あらすじ>
連続銀行強盗犯、Jacob Cromwellの妹、Margaretは、次の襲撃先のTelluride へ行き、鉱山の事故で夫を亡くし、現地の売春宿に寄宿していると、現地のPardee保安官夫婦に打ち明ける。妻のAliceはまんまと引っかかって同情するが、夫のHenryはMargaretの話がどうも腑に落ちない。しかし、Margaretの現地の銀行の業務や金庫の様子などの質問に、ついつい答えてしまう。

単語
Margaret was leery of pushing too hard, but there was information she had to know if her brother was to carry out a successful robbery.

= Margaret was careful of pushing too hard,

<適当な訳>
マーガレットは詰問しすぎないよう気をつけたが、兄が銀行強盗をうまくやり遂げられるかどうかを見極めるために、知っておかないといけない情報があった。

With the telegraph lines running alongside the railroad tracks, peace officers around the county would be alerted and posses formed to wait for the robbers when they tried to escape.

<適当な訳>
電信線が線路沿いに伸びているので、郡周辺の治安官が目を光らせているだろうし、銀行強盗が逃げようとしても…

The Chaseの音読

https://www.dropbox.com/s/ix1la7bmgm4sy55/WIN_20180613_13_56_59_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。
今日は、Clive Cussler 著、The Chase の第4章の一部を音読しました。

ちなみに、ずっとそうですが、初見ですから、ところどころつっかえます。

連続銀行強盗事件を追って、Issac Bellが、Denverにやってきて、地元の探偵事務所を初めて訪れるシーンです。普段は地元の名士たちとの面会場所としている眺めのいい部屋を、自分用に使わせてくれと言っているシーンです。

やっぱり、原稿があると、格段にスラスラ英語がでてきますね、って、当たり前か。

アドリブでも、これくらいペラペラ言えたらいいなぁ。

フリートーク:米朝会談への期待

https://www.dropbox.com/s/332ak7pcszgwy6j/WIN_20180602_10_14_44_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、アドリブで話しました。

実は、トピック選びのときに、ちょっと練習したけど。

ポイントは、ゆっくりと、堂々と話す、ということです。

内容は、小並感*で結構!

*小学生並みの感想

非ネイティブなのだから、文法も、単語も、大いに間違おう!

いや、下手な英語を話していい権利を持っている、とさえ、言いたい!

以上。

The Screaming Staircaseの音読3:日本語と英語の音声の違い

https://www.dropbox.com/s/wvxmba5uh41ntvp/WIN_20180529_12_34_33_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日も Lookwood & Co.  The Screaming Staircase の音読です。

さて、下あごと、関節を使うと、どうサウンドが変化するかを、日本語で話した場合と聴き比べてみました。

英語から日本語に切り替えた瞬間は、思ったほど違わなかったです。

しかし、日本語から英語に変えたときは、だいぶ音が違いました。

それから、カメラに向かってアドリブで話すのは、英日ともにとてもむずかしいです。

特に、英語はむずかしいです。

単語、発音、文法、内容説明、いろいろ考えないといけないので、グチャグチャになったり、あー、うー、と大平首相みたいになってしまいます(なんて、若い人はわかんないね)。

でも、収穫がありました。

それは、アドリブで話すときは、ゆっくり堂々と話す、ということです。

照れかくしで、早口で言ったりすると、ゴニョゴニョして、余計わからなくなります。

別に、ネイティブじゃないんだから、間違った英語でも、胸をはって、ゆっくりはっきり発声すればいいのだ!

と、思いました!

The Screaming Staircase の音読2:英語的な声にはアントニオ猪木のマネが重要!?

https://www.dropbox.com/s/e6g7fwazrrgaqv7/WIN_20180523_13_21_21_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Johnathan Stroud 著 Lockwood & Co. The Screaming Staircase 第11章の途中の音読を録画しました。

幽霊退治会社、Lockwood & Co. に勤める霊能者、Lucy は、同社の建物の上の階にある、自室で寝ようとしていたら、何者かがいる気配を察知した。寝巻き(nightie)なので、普段の幽霊退治のように、rapier(サーベル)を振りかざして動き回れない、等のことを言っています。

さて、今日の動画では、私の下顎が、普段より数ミリ、前に出ていることに注目してください!

数ミリの違いなんて、わかるか、ボケーッ!

でも、前回言ったように、下顎を前後に、動かすと、いい響きになるんです。

アントニオ猪木をイメージしよう。

たぶん、顎を前に出すと、喉が開き、鼻への空気の通り道も広がるのでしょう。

つまり、英語らしい発声法は、アントニオ猪木のマネにあり、だったのです!

そういえば、マンガやイラストで、白人男性は、アゴが結構、突出してますよね。

やっぱり、そうなんですよw。

The Screaming Stairs の音読:顎の関節を使って発音する

https://www.dropbox.com/s/chb9hn5ucyr7ccs/WIN_20180520_10_33_29_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

動画をリンクしてから、リピーター数が激減しました。
ま、7人くらいだったのが、3人くらいになったってだけです。

さて、今日は、口の前後運動をしているうちに、下顎が、関節の部分から動かせるようになり、それにより、声の響きが良くなった気がする、という動画です。

読んでいる本は、Jonathan Stroud著 Lockwood & Co. シリーズ第1巻:The Screaming Staircase です。

幽霊がガレージに出ると6歳の孫が言ってきかない、というMr. Potterからの相談を受けて、Lockwood & Co. の3人, Anthony Lockwood, George Cubbins, そしてLucy Carlyle の3人が、調査に行く途中の場面です。

霊の声が聞こえる能力者が過去にいたが、最後は狂ってテームズ川に身投げしたよ、とGeorgeがLucyをからかいますが、Lucyは、高名なゴーストハンターのMarissa Fitts は川に飛び込んだりしていない、と切り返します。

いちおう、juvenile novels ですが、登場人物がjuvenileというだけで、英語はバリバリ難しいし、ストーリーは無茶苦茶面白い!

日本のラノベだって、量子力学や最新宇宙論、超常現象の用語がポンポン出てくるのと同じで、登場人物の年齢で、本そのものの格付けをするってのは、いただけないね。

小公女の音読4:もう一度口の前後運動

https://www.dropbox.com/s/m3lkhge6gocti7a/WIN_20180508_11_35_44_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、口の前後運動の意図がわかるように、もう一回横から撮りました。

しかしながら、前後にも上下にも、たいして口は動いていません。

どういうことでしょうか?

口の周りの筋肉が未発達なため、動かないのでしょうか?

昨日、ドラマや映画を観ていたら、男性は俳優は、たいして口が動いていませんでした。

私が口の動きに着目し始めたのは、CNNやドラマで出てくる女性たちが、比較的大きく口を動かしていたことにあります。

それで、きっとこれがコツだ!と思ったのです。

結局は人によるのでしょうが、私の場合は、口を前に突き出す感じにする、つまり口笛を吹く感じにすると、良いサウンドが得られます。

なので、前後運動がコツだと思った次第です。

小公女の音読3:口の前後運動

https://www.dropbox.com/s/nd0avvwz5zxdbdn/WIN_20180505_16_08_35_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日も小公女の一部です。

今日は、横から撮影しました。

口の上下・左右の開閉ではなく、口を突き出す・引き寄せる前後運動の度合いを見たかったからです。

音読していて、口の前後運動が発音の鍵のような気がしました。

それで、撮ってみましたが、思ったほど動きません。

今後はこのダイナミックさを修正していきたいと思います。

連休中になんとか、上達したい!

小公女2

https://www.dropbox.com/s/iibli4heagwu53k/WIN_20180504_15_52_53_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。
今日もFrances H. Burnett 著、A Little Princess の第4章、P47-49を録画しました。

インド駐留兵の娘、Sara Creweが、同じ神学校のLottieをなだめるシーンです。
Lottieは母親を亡くし、若い父親がこの学校に預けた子です。お昼だからきれいにしなさいとMiss Minchinに注意されて、ぐずりだし、手がつけられなくなりました。
そこへ、Saraが私に任せて、といって、得意のイマジネーションを膨らませたお話をして、Lottieの気をそらして、泣き止ませるシーンです。

9ページ分、5回に分けて録画しましたが、最後だけ載せます。

口の開け具合をチェックしたくて、録画するようになりました。

くちびると舌で発音しているのですが、思ったほど口は開閉しません。

ま、これぐらいでいいのかもしれませんね。

小公女の音読

https://www.dropbox.com/s/cu5fk9vbbwedw5s/WIN_20180503_18_06_34_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Frances H. Burnett 著、A Little Princess のP1~2の途中までを読みました。

今日、Ptolemy's Gateをようやく読み終わりました。

大傑作の3部作でした。

最後がちょっと気になりましたが、ま、いいでしょう。

で、今日からはこの本にしました。

Bartimaeus 3部作で、ちょっと疲れてしまったので、バーネットでもサラッと読んで、元気を取り戻したい感じです。

おっと、そういえば、私は冒頭で、Saraをサラと発音しましたが、よく考えたら、セーラでした (>_<)

あと、lascarsという単語が出てきました。

昔の乗り物とか台車の一種かと思っていましたが、全然違って、「(植民地時代の東アジア・マレー半島で)インド人/マレー人水夫」という意味でした。

ではまた。

Ptolemy's Gateの音読8:筋肉痛に注意

https://www.dropbox.com/s/l9zqo3nf6h9bqcu/WIN_20180502_19_15_27_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日もJonathan Stroud著、Ptolemy's GateのP398-399の音読です。

話が長く、読んでて内容を忘れた箇所があったので、そこを読み返しています。

さて、昨日は口笛を吹く要領で口の形を作り、発音すると書きました。

これが私にとっては、なかなかの名案で、ずっと練習をしていました。

おかげで、今日は朝から、顔面と上部の腹筋の筋肉痛に悩まされました。

ふだん使わない筋肉に、突然負荷がかかるので、こうなります。

私は何度も経験しているのですが、当初は、特に顔の筋肉痛は、筋肉痛とわからず、なんだかダルい感じがして、病気かと思いました。

実際、風邪を引いていた時期もあったので、音読が引き起こす筋肉痛なのか、風邪のせいで、筋肉が痛むのか、わかりませんでした。

腹筋についても同様で、以前は医者に診てもらったこともあります。

急性のウィルス性の胃腸炎じゃないですか?と言われて、薬をもらったものでした。

というわけで、音読をすると、普段使わない筋肉が痛くなるので、気をつけましょう。

では、また。