Skip to main content

Posts

Even Dogs in the Wildの音読2:いやなことは忘れよう

https://www.dropbox.com/s/d2rqqqkj4tmbyb6/WIN_20181015_14_27_46_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Ian Rankin 著、Even Dogs in the Wild の20章の冒頭の音読です。

※タイトルを間違って読んでいるのは、ご愛嬌ということで(^^ゞ

引退した刑事のRebusは、警察の要請によって、ミントン卿殺人事件の捜査に加わった。彼は、the Gimletというパブで、ミントン卿に銃を売った男と会うシーンです。

前半は、パブと銃の売人の男の様子の描写ばかりです。

さて、いやなこと、悪いことは、すべて忘れて、今日も楽しく過ごしましょう!
Recent posts

Ian Rankin : Even dogs in the wild の音読1

https://www.dropbox.com/s/9350j9j5vyucbn5/WIN_20181007_12_04_24_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、Ian Rankin 著:Even dogs in the wild の13章の一部の音読を録画しました。

<あらすじ>
スコットランドのある街で裁判官のミントン卿が殺害される。地域のギャングの親分のCafferty邸にもミントン卿と同じ脅迫状が届き、弾丸が撃ち込まれる。地元警察は、Caffertyと馴染みの、元刑事Rebusに捜査協力を依頼する。Rebusは刑事らと一杯飲んだ帰りに、Cafferty邸を訪れるが、ガードマンを含めて誰もいない。それで携帯からメールをする。

Ian Rankinの小説は初めてです。

The Inspector Rebus シリーズが彼の主力作品のようです(今知った)。

言い回しなど、慣れず、たどたどしい音読です。

反省点はたくさんありそうですが、それを振り返るのは止めます。

悪い点を思い出すことは、自分に欠点を刷り込むことになりますから。

それよりも、良い点を考えましょう。

まあ、初見の音読にしては、上出来です。 以上。

James Rollins: The Bone Labyrinthの音読1

https://www.dropbox.com/s/ekr65ac0yu1skqe/WIN_20180919_13_31_00_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、James Rollins 著、 The Bone Labyrinth の第7章の一部を音読しました。

James Rollins といえば、Sigma Force シリーズです。

といっても、過去に1冊しか読んでないですが、面白かった印象があります。

さて、今日の音読箇所は、アメリカ人の若い女性研究者のLenaと、Roland神父は、他のメンバーとともに、クロアチアの洞窟内で、ネアンデルタール人の遺跡を調査していた。しかし、何者かに襲われ、2人だけ洞窟内に取り残された。彼らを助けにGerard司令官が来たものの、地震や嵐、そして洞窟の長さのため、脱出がなかなかできない。そんなときに、地底湖をこちらへ向かってくるボートのエンジン音が聞こえてた。


最近、いろんな人が出てくると、この人誰だっけ?となってしまい、大幅に読み返すことが多くなってきました。

音読だと時間がかかりすぎて、登場人物を忘れてしまう難点がありますね。

もっと早く、一日に大量に読めればいいんですが。

もっとも、音読にこだわらなければ、いいだけの話ですが。

肩甲骨はがしが気持ちいい

ラジオ体操をするようになって、毎日が楽しくなった!

それは、身体の動きが軽くなったからだ。

肩こり対策として、ラジオ体操第1,2だけでなく、肩甲骨はがしという整体の動画も見るようになった。

これが気持ちいい!

そして、寝しなにやると、寝ていて背中が筋肉痛になり、そのせいか、とても奇妙な夢を見るようにもなった。

ま、夢はどうでもいいとして、パソコンやスマホに向き合ってばかりで、運動不足になりがちの現代人には、お手軽なラジオ体操や肩甲骨はがしのストレッチは、必須な気がする。

ラジオ体操第4って知ってた?

知ってましたか?

ラジオ体操第4!?

でも、これはNHKの公式ではなく、リーボックが作ったらしい。

いずれにしても、こんなのできない www

ラジオ体操で甦る身体

実は、8月下旬に、勉強しすぎて、死ぬところだった。

早稲田大学、慶応大学の英語入試問題、全21学部中、20学部分を1週間でやったのだ。

その結果、頭痛とめまいと、強烈な肩こりに襲われたのだ!

一学部90分、同じ姿勢で、難問を解くことの繰り返しで、肩と首がコチコチになってしまった。

その肩こりからくる、頭痛とめまい。

どうしようもないので、薬を塗ったり、2日間安静にしていた。

しかし、肩こりは治らない。

私は腕を肩から大きくグルグル回すようになった。

そのうちに、日本人なら誰でも知っている、あることを試してみた。

するとそれが意外と、効いたのだ。

それは、ラジオ体操だ。

やってみてわかったのは、ラジオ体操の大半が肩、腰を回す動きであることだ。

一日に三回やっている。

ラジオ体操第二も始めた。

その結果、長年のパソコンの使用で猫背で首を突き出すような姿勢だったのが、胸を張るような体勢になってきた。

姿勢が変わると、歩くときにも変化が起きた。

脚の普段使わなかった部分の筋肉を使うようになり、汗だくになった。

これが気持ちいい。

ラジオ体操で、死んでいた身体が甦ったのだ!

The Runaway Juryの音読3:今年の夏を振り返らない

https://www.dropbox.com/s/mwb94xggk1w58p7/WIN_20180830_22_44_50_Pro.mp4?dl=0

みなさん、こんにちは。

今日は、John Grisham著、The Runaway JuryのP. 340-341の音読です。

大手タバコメーカーに対する訴訟の陪審員の一人、Millie Dupree は夫のHoppyに裁判の証人に関するメモを見せられる。
陪審員は、判決に影響が出るため、裁判期間中は、裁判関連の情報は誰とも共有してはならない。
Hoppyは、タバコメーカー側の手先に嵌められて、Millieの票をメーカー側に入れるよう脅されていた。Hoppyは、そのための策略をうまくやったつもりだったが…。

今日は、32℃だったので、たいして暑くなかった。

なんて思うようになった今年の夏だった。

梅雨明けが6月30日くらいだったから、もう2ヶ月だ。

終わってみるとあっという間だね。

今年は、終わったことは忘れるよう心がけたら、毎日とても楽しく過ごせた。

いい意味で、いろんなことが、どーでも良くなったw

これからも、過去は振り返らず、未来も考えず、今、目の前に起きていることに全力を注ぐつもりで、やっていこうと思う。